頭皮 薄毛 抜け毛の悩みをぶっ壊す 発毛法

薄毛放置歴30年のオヤジが発毛した薄毛治療法

約30年間薄毛と共に過ごしてきましたが、ある情報がきっかけで、薄毛治療を開始し、改善されつつあります。まさか61歳にしてこんなに改善されるなんて想像もしていませんでしたので、本当にビックリしました。おかげさまで副作用も全くないので、一体どこまで改善されるのか、楽しみしかありません。

大地真央さんの「そこに愛はあるんか?」

皆さん、こんばんは。

薄毛治療の放置歴30年の超ベテラン、

7月7日七夕生まれの、

ミスターヒコボシです。

 

本日は、宝塚歌劇団入団前の女優「真矢みき」さんも憧れた、

宝塚歌劇団月組トップスターだった女優の大地真央さんの登場です。

 

 プロフィール

 

 宝塚歌劇団出身

生年月日 1956年2月5日

身長 166cm

血液型 B型

 

経歴

 

 ※父親は外国航路の船長を務めていた元陸軍軍人で、母親は横浜出身、

実家は300年以上続く淡路島の大地主という名家。

 

大地真央さんは、4歳の時から日本舞踊を習い始めた。

 

兵庫県洲本市立洲本第二小学校

※勝気な性格で、クラスのリーダー的な存在だった。

 

※毎日の様に、大浜海岸や三熊山で遊ぶ活発な子供で、

三熊山ではロッククライミングのように、山登りを楽しんでいた。

 

※ホステスごっごが好きな、少しませた感じの子供だった。

 

※小学生の頃から、ナルシストな部分があり、泣き顔を鏡で観察して、

かわいく見える角度を研究したりしていた。

 

 

そこに愛はあるんか?(笑)。

 

 

兵庫県洲本市立洲浜中学校

※入学当初は将来、舞妓さんかバスガイドに、なりたいと思っていた。

 

※日本舞踊で舞台に立つことと、芝居の面白さに目覚める。

 

※自らの手で演劇部を創部し、父親に芸能活動をしたいと伝えたが、

反対され却下された。

 

※父親の軍隊時代の知人に「宝塚歌劇団なら、軍隊並みに厳しいので、

本人のためになる。」と進言され、数ヶ月のレッスンを受けた後、

宝塚音楽学校を受験した。

 

軍隊並みに厳しいと聞いても行くのが凄い!

 

※倍率が20~50倍という競争率で、かなり狭き門であったにもかかわらず、

見事に一発で合格した。

 

★1971年

※中学卒業後、宝塚音楽学校に入学。

 

宝塚音楽学校での生活は大変厳しいルールの中、演劇の勉強に、

全神経を集中させなくてはならず、かなりハードな毎日だった。

 

 

そこに愛はあるんか?  

2回目! ウザッ(笑)。

 

 

★1973年

※晴れて59期生として、宝塚歌劇団に入団した。

 

※芸名の「大地」は長姉が考えてくれたもので、

「真央」は本人が幼い頃から、芸名として決めていたものだった。 

 

毎日放送ラジオ番組『MBSヤングタウン』の土曜日公開放送で、

桂三枝さん(現:6代目桂文枝)のアシスタントを務めた。

 

★1974年

※当初は星組で舞台を踏んでいたが、この年、月組に配属された。

 

※男役として一気に人気を獲得し、月組の新進男役スターとして、

注目を浴びた。

 

※ちなみに、当時の月組の娘役トップは、 女優の黒木瞳さんであった。

 

黒木瞳さんとのゴールデンコンビで、人気を不動のものとした。

 

★1976年

ベルサイユのばらⅢ』の公演で、小公子を熱演した。

 

★1981年

『新源氏物語』の公演日程中の数日間、

主役の榛名由梨さんに代わり、『光源氏」を演じた。

 

★1985年

※『二都物語/ヒートウェイブ』で、黒木瞳さんと共に

宝塚歌劇団を退団した。

 

宝塚歌劇団を退団した後は、女優としてミュージカルなど、

舞台を中心に活動する傍ら、ドラマや映画の出演もこなし、

絶大な人気を博した。

 

★2014年

 

宝塚歌劇団創立100周年を記念して設立した

宝塚歌劇団の殿堂』の最初の100人の内の一人として、

殿堂入りの栄誉を受けた。

 

気さくな女優さん

 

大地真央さんは、若い頃から美しく、品の良い雰囲気や

オーラを醸し出し、絶大な人気を博してきましたが、

ユーモラスな一面も持ち合わせています。

 

宝塚歌劇団の下級生時代に、初演となった『風と共に去りぬ』の

ワンシーンに「禿げカツラ」を着用して出演し、帽子を取った際

客席から大爆笑が起こり、ストーリーが台無しになり、スタッフから

厳重注意を受けたことがあるのです。

 

こういった失敗談によって、イメージが損なわれるのを非常に気にする

女優さんもいる様ですが、人間味があふれていて、その美しさとの

良い意味でのギャップが魅力的で、親近感も沸いてきます。

 

気さくな雰囲気の大地真央さんの更なる活躍に、

今後も注目していきたいと思います。

 

では、今日のところはこの辺で。

 

また次回、元気でお会いしましょう。

 

www.m-hikoboshi.com