頭皮 薄毛 抜け毛の悩みをぶっ壊す 発毛法

頭皮 薄毛 抜け毛の悩みをぶっ壊す 発毛方法

薄毛でお悩みの方を救済する「頭皮 薄毛 抜け毛の悩みをぶっ壊す 発毛方法」約30年間薄毛と共に生きてきましたが、ある情報がきっかけで結構改善されました。正直もう完全に諦めていたのに、61歳にしてまさか生えて来るとは本当に想定外。おかげさまで副作用も全く無くどこまで復活するか、これからが楽しみです。

プロ野球列伝 土井正博さん

皆さん、こんばんは。

薄毛治療放置歴30年の超ベテラン、

7月7日七夕生まれの、

ミスターヒコボシです。

 

本日は、プロ通算成績、2452安打、

打率282、465本塁打、1400打点という、

球史に残る大打者で、史上最年少の

18歳で近鉄の4番を打っていた、

土井正博さんの登場です。

 

プロフィール

 

 

私立大鉄高等学校中退

右投 右打 外野手、一塁手

身長 181㎝

体重 81kg

血液型 O型

 

経歴

 

 

★幼少期

我らが阪神タイガースの打線が

ダイナマイト打線」と呼ばれていた時代に

3番を打っていた別当薫さんや、5番を打っていた名捕手の土井垣武さんといった阪神タイガースの選手の「メンコ」を集めて遊んでいた。

 

★中学校時代

※野球部に所属し、エースで4番を打っていた。

 

※小さい頃は阪神タイガースのファンであったが、

甲子園より自宅に程近い、大阪球場を本拠地としていた

南海ホークスやライバルチームの西鉄ライオンズの選手に憧れていた。

 

大阪球場で行われた南海ホークス西鉄ライオンズの試合は、いつも超満員で

球場に入れなかったので、なんとか観戦したくて、

アイスクリーム売りのアルバイトに応募し、採用された。

 

※スタンドの下の方に行くと、憧れの選手の顔がハッキリ見えるので、アイスクリームの販売を同僚に任せっきりにして、常に熱視線を送っていた(笑)。

 

西鉄ライオンズのスター選手だった遊撃手の豊田泰光さんが、

相手打者が誰であろうが守備位置を変えず、

常に芝生の切れ目の所に立って守っていたのは、

カクテル光線が丁度良い角度で男前の顔(笑)に当たって、

観客によく見えるのが理由だとわかり、つくづくプロの選手はスゴイと感心した。

 

★私立大鉄高等学校

※当然、野球部に所属し入部当初から、

打線の中心にいた。

 

※1年の秋の近畿大大阪府予選の準決勝で、

強豪校の、後に阪神タイガースに入団する八尾高等学校の好投手、久野剛司投手からホームランをかっ飛ばし、プロ野球近鉄のスカウトだった根本陸夫さんの目に留まる。

 

※その後、根本さんは土井さんの家に日参するようになった。

 

※2年生の春は、選抜大会に出場したが、

1回戦で愛知県の東邦高等学校に逆転で敗れる。

 

※夏の大会では、大阪府予選大会の4回戦まで勝ち進むが、決勝戦迄を見据えた監督が

プロに行ける様なエース格が3人もいたのに、楽に勝てる相手だと判断し、3人とも温存し、外野手だった土井選手をマウンドに送り、試合に敗れる。

 

なんて日だ〜!

 

※その日を境に野球部に居づらくなり、引き続き日参してくれていた根本スカウトの誘いを受けて、高校を2年で中退してプロ入りを決意する。

 

※母子家庭で経済的にも厳しかったので、

母親を楽にしてあげたい気持ちも強かった。

 

★1962年

※入団した近鉄は、1958年から1962年迄5年連続で最下位に沈んでおり、

前年の1961年はシーズン103敗の不名誉なプロ野球記録を作る程、最悪のチーム状態で「パリーグのお荷物」と言われていた。

 

※1961年オフに、幼少期「メンコ」遊びでお世話になった(笑)

別当薫さんが監督に就任した。

 

別当監督が、土井選手の長距離打者としての素質を見出し、

史上最年少の18歳4ヶ月で4番打者に起用し「18歳の4番打者」として、

大いに話題となった。

 

※この年の土井選手の成績は打率231、5本塁打と振るわなかった為、世間からも「話題作りの4番打者」と厳しい非難を浴びた。

 

★1964年

※打率296、本塁打28本、打点98で、パリーグ最多安打の168本の安打も放ち、

若干20歳で世間にも4番打者として認められ、苦労が報われた。

 

※この年の28本塁打を皮切りに、6年連続で

20本塁打以上を記録する事になる。

 

★1967年

オールスターゲーム第1戦で、2本のホームランを放ちMVPを獲得した。

 

※打率323、本塁打28本、打点93の成績を残し、名実共にパリーグを代表する4番バッターに成長した。

 

★1971年

打率309、本塁打40本、打点113と、

自己最高の成績を残した。

 

★1975年

※前年オフに、守備面での衰えが原因で、

太平洋クラブライオンズ柳田豊選手、

芝池博明選手とのトレードで移籍した。

 

※トレード決定1週間後に、パリーグに守備機会が必要ない

指名打者制度導入が決定した為、当時近鉄の監督だった西本幸雄さんは

非常に後悔した。

 

※移籍1年目に34本塁打で、本塁打王に輝いた。

 

★1977年

クラウンガスライターと提携し、球団名が

クラウンライターライオンズに変更された。

 

※当時、非常に派手で特徴的なユニフォームのデザインだったのを思い出しました、

 

※プロ通算、2000本安打を達成した。

 

★1979年

※前年オフに球団が国土計画に売却され、

西武ライオンズとしてスタートする。

 

野村克也さん、山崎裕之さん、田淵幸一さんらスター選手が集合し、

シークレット球団として、オープン戦も手の内を見せない様に

ほとんど試合をせずに開幕を迎えたが、いきなり12連敗とつまづいた。

 

※当時の開幕オーダーは、3番土井、4番田淵、6番野村と、

そうそうたるメンバーが名を連ね、ファンならずともワクワクしましたが、

失礼ながら寄せ集め感は否めず、前期は最下位、後期はら5位に終わりました。

(当時パリーグは前、後期制だった)

 

プルヒッター

 

バットの先端部分をマウンドのピッチャー方向に向けて構える独特の

迫力満点なバッティングフォームが特徴的だった土井選手の姿は、

半世紀以上たった今でも、私の記憶にしっかりと残っています。

 

当時のパリーグは野武士的な豪快な選手が多く、バットを力任せにブンブン振り回し、

極端な話、三振かホームランしかない様なイメージでしたが、土井さんは通算465本塁打の内、ライト方向のホームランはわずか3本という完全なプルヒッター(引っぱり専門)でありながら、三振率は1割以下と、確実性の高いバッターでした。

 

400本塁打以上打って、三振率が1割以下なのは、長嶋茂雄さんと張本勲さん含め3人だけですから、その凄さを伺い知ることが出来ます。

 

卓越したバッティングの技術を、今後もプロ野球界発展の為に、

伝承し続けて頂きたいものです。

 

では、今日のところはこの辺で。

 

また次回、元気でお会いしましょう。