頭皮 薄毛 抜け毛の悩みをぶっ壊す 発毛法

頭皮 薄毛 抜け毛の悩みをぶっ壊す 発毛方法

薄毛でお悩みの方を救済する「頭皮 薄毛 抜け毛の悩みをぶっ壊す 発毛方法」約30年間薄毛と共に生きてきましたが、ある情報がきっかけで結構改善されました。正直もう完全に諦めていたのに、61歳にしてまさか生えて来るとは本当に想定外。おかげさまで副作用も全く無くどこまで復活するか、これからが楽しみです。

阪神タイガース 掛布雅之さん

皆さん、こんばんは。

阪神タイガースファン歴60年の超ベテラン、

7月7日七夕生まれの、

ミスターヒコボシです。

 

本日は、阪神タイガース

日本人本塁打球団記録、48本の記録保持者、ご存知、

4代目ミスタータイガース掛布雅之選手の登場です!

 

阪神タイガースに選手としては、

1974年~1988年まで在籍しました。

 

プロフィール

1973年 ドラフト6位

千葉県習志野市立習志野高等学校出身

右投げ 左打ち 三塁手

 

生年月日 1955年 5月9日

身長 175cm

体重 77kg

 

経歴

 

★小学校時代     野球以外にサッカー、剣道、水泳をやっていた。

           生来の左利きではなかったが、父の勧めで、

           左手を使う様になった。

 

千葉市立新宿中学校 1年時からサードのレギュラー。

           父の泰治さんが野球部の監督だったため、

           「父親が監督だから試合に出られる」と

           周りから陰口をたたかれる。

          

           そんな逆境にも負けず、

           当時からプロ野球選手を夢見て、

           野球部の練習から帰宅後も、自宅の庭で、

           新聞紙を丸めて作ったボール打ちと素振りをした。

 

衝撃のエピソード  

 

中学時代、野球部の監督でもある父「泰治」さんから

強烈なスパルタ教育を受ける。

「自分の息子に甘い監督とは思われなくないから」という理由で、

練習中に、父親から殴られたり、蹴られたりしたこともあったが、

三塁ベースを抱きかかえる様にして耐え←戦時中か~い?

最後まで音をあげずに野球に打ち込んだおしんか~い(笑)

 

今と時代が違うとは言え、かなりエグイ体験をしていますね。

私も年代が近いですが、サッカー部で「シゴキ」はありましたが、

ここまでヒドイ事は、隣で練習していた野球部でもなかったですね。

親子鷹はツライ!

 

習志野市立習志野高等学校   

 

1年時  3年生が引退した秋から、いきなり4番を任される。

2年時  夏の千葉県予選大会で、強豪、銚子商業に2-0で勝ち、

     東関東代表として甲子園に出場。

     残念ながら、1回戦で東洋大姫路高校に敗れる。

     (4番ショートで4打数1安打1打点)

 

★1973年 阪神タイガースにドラフト6位で入団

 

★1974年 プロ入り1年目 オープン戦で、

       当時ショートのレギュラーだった藤田平が、

       自身の結婚式で欠場した時「7番ショート」で初スタメン。

       太平洋クラブライオンズのエース東尾修から、

       4打数2安打と結果を残す。

 

★1975年 プロ入り2年目に三塁の定位置を獲得。

★1976年 打率325でベストナインに選ばれる。

 

★1978年 オールスターゲーム第3戦で、なんと、

       3打席連続ホームランを放つ!!

       

     ヨッ!千両役者!(笑)

 

★1979年 一気に長打力が花開いて、

       48本塁打で初の本塁打王に輝く。

 

★1982年 35本塁打、95打点で本塁打王打点王の二冠達成。

 

★1983年 ライバルの江川卓投手から、2打席ホームランを放つ。

       試合後に「ボールがどうぞ打ってください。

       と話しかけてきた」と驚きのコメントを残す。

       「ボールが止まって見えた」と現役時代に語った

       巨人の川上哲治さんの言葉と並び称される。

 

★1984年 37本塁打で3度目のホームラン王。

 

★1985年 4番で40本塁打、108打点、打率3割の好成績で、

       19年ぶりのリーグ優勝、初の日本一に貢献。

       ランディ・バース岡田彰布

       3人でクリーンアップを組み、

       3人計、129本のホームランを放つ。

       (バース54本、掛布40本、岡田35本)。

 

       4月17日の巨人戦

       甲子園球場で、槇原投手から3者連続で、

       バックスクリーンに飛び込むホームランを打ったのは、

       あまりにも有名な話。

 

★1988年 故障続きで、かっての打棒は影を潜め、

       惜しまれながら引退。

       通算349本塁打は、阪神タイガース

       球団最多記録。

 

安藤統男

 

育ての親。入団当時の阪神タイガースのコーチ。

掛布選手の叔父さんが、安藤さんの友人だった縁で、

阪神タイガースの秋季キャンプに参加し、

ドラフトで指名された。

 

阿部慎之助 

 

ジャイアンツの阿部選手の父親は、高校時代のチームメイト。

掛布選手が3番、阿部選手の父親が4番で甲子園出場。

 

江川卓投手

 

現役時代のライバルで同い年。

プロ初対決で、掛布選手がホームランを放つ!

1979年7月7日の、出来事でした。

 

ミスターヒコボシ若干21歳の頃(笑)

 

最後の対決は、三振に倒れる。1987年9月27日。

 

至宝

 

決して体格に恵まれていたわけではないのに、

3度の本塁打王は、凄すぎます。

 

子供たちの希望の星だった掛布雅之選手は、

阪神タイガース至宝です。

 

1軍監督の雄姿を是非見たかったのですが、

ちょっと、厳しいですかね?

 

今後も、何かしらの形で、阪神タイガース

拘わり続けて欲しいですね。

 

では、今日の所はこの辺で。

 

また次回、元気にお会いしましょう。