頭皮 薄毛 抜け毛の悩みをぶっ壊す 発毛法

頭皮 薄毛 抜け毛の悩みをぶっ壊す 発毛方法

薄毛でお悩みの方を救済する「頭皮 薄毛 抜け毛の悩みをぶっ壊す 発毛方法」約30年間薄毛と共に生きてきましたが、ある情報がきっかけで結構改善されました。正直もう完全に諦めていたのに、61歳にしてまさか生えて来るとは本当に想定外。おかげさまで副作用も全く無くどこまで復活するか、これからが楽しみです。

阪神タイガース 真弓明信さん

皆さん、こんばんは。

阪神タイガースファン歴60年の超ベテラン、

7月7日七夕生まれの、

ミスターヒコボシです。

 

本日は、俳優バリのイケメン選手だった九州男児

 

今もカッコいい!!

 

真弓明信さんの登場です!

 

阪神タイガースに選手として所属したのは、

1979年~1995年

監督として2009年~2011年の、

3シーズンにわたって采配を取りました。

 

プロフィール

 

柳川高等学校⇒電電九州出身

1972年 西鉄ライオンズより←懐かしすぎる~!!

ドラフト3位に指名される。

右投、右打  遊撃手 二塁手 外野手

生年月日 1953年7月12日

身長 174cm

体重 75kg

 

経歴

 

★小学校6年生の時、同じ社宅に住んでいた原貢氏

(現・ジャイアンツ 原辰徳監督の父)が監督を務める

三池工業高校夏の甲子園大会で全国優勝し、

その優勝パレードを見て感動した事がきっかけで、

野球選手を志す。

 

★厚木中学校に入学後、本格的に野球を始める。

その身体能力の高さから、野球部以外の運動部も、

掛け持ちで参加。

陸上部では三段跳びで、

11m99cm←後1cmなんとかならんかったんか~い(笑)

を記録し、準優勝したことがある。

 

柳川高等学校

1年時 ベンチ入りを果たす。

2年時 ショート、サードとしてレギュラーを獲得。

当時のチームは「九州一の強豪」という評価を得ていたが、

残念ながら、3年間で1度も甲子園出場ならず。

 

★電電九州(社会人野球)

ショートのレギュラー選手と控え選手が同時に故障で、

いきなり1年目でショートのスターティングメンバーに

名を連ねる。

 

第43回都市対抗野球大会でベスト8となり、

日本産業対抗野球大会にも出場し、その時の活躍が認められ、

1972年のドラフト会議で西鉄ライオンズに、

 3位指名を受けてプロ野球の世界に飛び込む。

 

★1978年オフ 

田淵幸一選手、古沢憲司投手との「世紀のトレード」で、

若菜嘉晴捕手、竹之内雅史選手、竹田和史投手と共に、

阪神タイガースに移籍することになる。

当時所属していた球団、クラウンライターライオンズが、

西武ライオンズに売却され、チームが福岡県から埼玉県に移る事から、

引っ越しの準備中にトレードの話を突然、耳にしたらしく、

いかに電撃的だったかという事が、うかがい知れる。

 

★1979年

※移籍1年目からトップバッターとして、

 ショートのレギュラーに定着する。

※5月20日、中日ドラゴンズ戦で、自身2本目の、

 初回先頭打者ホームランを含むサイクル安打を、

 ナゴヤ球場で達成する。

※125試合出場、打率275、本塁打13本と、

 自身初の2ケタ本塁打を放ち、長打の一番打者として、

 充分な存在感を示した。

 

★1980年 

※トップバターで驚異の29本塁打を記録。

 (セリーグ5位タイ)

※10月12日

ナゴヤ球場での中日ドラゴンズ

ダブルヘッダーこれまた懐かし~い!!)で、

2試合連続初回先頭打者ホームランを達成!

 

1日2本の先頭打者ホームランって、

カッコ良すぎ~(笑)

 

★1982年 

130試合すべてに出場。打率293で初の、

打撃ベスト10の10位に入る。

 

★1983年

当時のセカンドのレギュラーだった岡田彰布選手の故障により、

二塁手に転向。打率353で首位打者のタイトルを獲得する。

慣れない二塁手で、ベストナインにも選出される。

 

男気

 

シーズン終了まで、残り10試合になった時、

首位打者のタイトルを確実にするために、

安藤統男監督から、打率が下がらない様に、

欠場を勧められるが、これを断固拒否して、

チームの勝利の為に、試合に出場した。

 

★1984年 

通算1000試合出場、通算1000安打を達成する。

 

★1985年

※新監督の吉田義男監督の指示で外野手(主に右翼手)に転向。

 

※トップバッターとして、打率322、34本塁打、84打点という、

 文句のつけようのない好成績で、リーグ優勝に貢献し、

 外野手のベストナインにも選出された。

 

日本シリーズでも、打率360,2本塁打と大活躍。

 2リーグ分裂後、初の球団日本一に貢献して、

 優秀選手賞にも選ばれた。

 

★1986年 

※2年連続で打率3割を達成!本塁打も28本放つ。

※7月6日、甲子園球場での対巨人戦、水野雄仁投手から、

 自身2回目の5試合連続本塁打を記録した。

 

もう、ホームランバッターやん!!

 

★1987年 

※10月13日、神宮球場での対ヤクルトスワローズ戦で、

 荒木大輔投手から通算41本目(セリーグでは38本目)の、

 初回先頭打者本塁打を記録した。

 

荒木大輔!鼻つまむ~(笑)

 

★1989年 

※7月23日、甲子園球場での対巨人戦で、

 桑田真澄投手からホームランを打ち、

 通算250本塁打を達成する!

 

一流4番バッタークラスの記録!!

 

 

★1994年

代打の切り札として、17安打、30打点と、

勝負強さを発揮。同年の代打30打点は、日本記録

 

★1995年

阪神・淡路大震災の影響で、満足な自主トレが行なえず、

バッティング不振に陥る。

そのまま、惜しまれながらも現役引退。

 

恐怖の1番バッター

 

初回、先頭打者本塁打の通算41本は、世界の盗塁王

福本豊さんに次ぐ、歴代2位の記録です。

 

今思えば、当時本当に味方で良かったと心底思う選手です。

 

プロ野球通算本塁打292本は「史上最強の1番バッター」の

称号にふさわしい記録だと思います。

 

無いものねだりと言いますか、どうしようもない事は

分かっていても、思わず叫んでしまいそうです。

 

今の阪神タイガースに欲しい!!

 

とほほ・・・・。

 

では、今日の所はこの辺で。

 

また次回、元気でお会いしましょう。