頭皮 薄毛 抜け毛の悩みをぶっ壊す 発毛法

頭皮 薄毛 抜け毛の悩みをぶっ壊す 発毛方法

薄毛でお悩みの方を救済する「頭皮 薄毛 抜け毛の悩みをぶっ壊す 発毛方法」約30年間薄毛と共に生きてきましたが、ある情報がきっかけで結構改善されました。正直もう完全に諦めていたのに、61歳にしてまさか生えて来るとは本当に想定外。おかげさまで副作用も全く無くどこまで復活するか、これからが楽しみです。

阪神タイガース 岡田彰布さん

皆さん、こんばんは。

阪神タイガースファン歴60年の超ベテラン、

7月7日七夕生まれの、ミスターヒコボシです。

 

本日は「そら、そうよ」でお馴染みの、

1985年、我らが阪神タイガースが日本一に輝いたとき、

恐怖の5番打者を務めた岡田彰布さんの登場です!

 

阪神タイガースには選手として1980年~1993年まで、

監督(2軍監督含む)として1998年~2008年まで在籍しました。

 

プロフィール

 

北陽高等学校早稲田大学(中退)

右投、右打 二塁手三塁手一塁手、外野手

生年月日 1957年11月25日

身長 175cm

体重 77kg

 

経歴

★小学校時代

※小学校5年生の時、当時まだ阪神タイガース

少年野球チームを持っていなかった為、地元南海ホークスが、

運営していた少年野球チーム「リトルホークス」に所属して、

本格的に野球をスタートさせる。

 

※父親の会社の草野球チームにも参加。

当時阪神タイガースの大エース「村山実さん」にあこがれ、

背番号11をつけてマウンドに上がっていた。

 

※この頃よく阪神甲子園球場に行って、プロ野球

「生観戦」していたが、ホームの一塁側の観客席ではなく、

敵の三塁側のスタンドでの観戦が多かった。

理由は、ライバル球団である読売ジャイアンツ三塁手

長嶋茂雄さんにヤジを飛ばすためだったとか・・・。

なかなか気の強い小学生だった様です。

 

★明星中学校時代

※3年師の時に中学野球大会大阪府大会で、見事優勝する。

※卒業直前の3月、阪神タイガース村山実さんが、

引退試合に臨む前の、キャッチボールの相手を務めた。

 

★法要高等学校(現・関西大学北陽高等学校

※1年時 1年生からレフトのレギュラーポジションを獲得する。

夏の甲子園大阪府予選大会決勝でPL学園から、

先制の2ランホームランを放つ等大活躍し、優勝に貢献。

夏の全国甲子園大会出場を果たす。

甲子園大会では、2試合出場で6打数3安打と活躍したが、

ベスト8で今治西高等学校に敗れる。

 

※2年時 新チームの秋の大会では、エースピッチャーとして、

大阪府大会を勝ち抜き、近畿大会も向陽高等学校に0-1と

惜しくも敗れたものの、ベスト4迄勝ち進み、

春の選抜高校野球大会出場を決める。

 

ところが・・・、チームの不祥事が発覚して、

出場辞退を余儀なくされる。

 

※3年時 夏の大会は、エースで4番バッターと、

文字通りチームの大黒柱として、大阪府予選大会決勝まで

勝ち進んだが、興国高等学校に惜しくも敗れ、

再び甲子園出場の夢は叶わなかった。

 

セレクション

 

早稲田大学の野球部のセレクションを受ける。

15打数14安打14本塁打という、

とてつもない打撃力を見せつけ、即合格を勝ち取る。

 

早稲田大学

1回生時 「7番レフト」のレギュラーポジションを獲得し、

秋の大会から出場する。

当時、法政大学で「怪物」と呼ばれ、注目されていた、

江川卓投手から3安打を放ち、一躍注目される存在になる。

 

2回生時 サードへコンバートされる。打順も5番に昇格。

名実ともにチームの柱として、攻守にわたり大活躍した。

 

3回生時 秋の大会で三冠王を獲得した事により、

プロ野球のスカウトから注目を浴びる。

 

※チームは4年ぶりのリーグ優勝を飾る。

※第7回日米大学野球選手権大会で4番を務める。

 

4回生時 ※チームのキャプテンとしてリーグ優勝を果たす。

 

全日本大学野球選手権大会では、中央大学に敗れ準優勝。

※第8回日米大学野球選手権大会で、2年連続4番を務める。

 

早稲田大学時代の成績と記録

 

★309打数117安打、20本塁打、81打点 打率379

 

★1977年 2回生の秋季リーグから5季連続で、

       ベストナインに選出される。

 

★1978年 ※3回生の春季リーグの東大戦2回戦で、

        史上2人目のサイクルヒットを達成する。

 

       ※秋季リーグで戦後4人目の三冠王に輝く。

 

プロ野球

 

★1979年

阪神タイガースにドラフト1位で入団する。

 

★1980年

オールスターゲーム第1戦で、代打ホームランを放つ。

22歳7ヶ月での代打ホームランは、

当時のオールスターの代打本塁打の最年少記録だった。

 

★1981年

初めて全130試合に出場して、打率289、打点76、本塁打20本の

活躍をみせる。

ポジションは、セカンドに固定された。

 

★1982年

初の打率3割をマークする。

 

★1985年

※4月17日 阪神甲子園球場での対巨人戦で、槙原投手から、

バース選手、掛布選手に続き、バックスクリーン3連続ホームランの

締めを放つ。

 

※8月、打率429、本塁打10本、31打点の活躍をみせ、

プロ入り初の月間MVPに輝く。

 

ランディ・バースに次ぐ2位の打率342、35本塁打(リーグ4位)、

101打点(リーグ5位)という驚異的な好成績でチームのリーグ優勝、

日本一に大いに貢献した。

 

★1989年

※掛布選手の引退に伴って、大学時代のポジションだった

三塁手にコンバートされる。

 

※6月に月間8本のホームランを放ち、プロ入り2度目の、

月間MVPに選出される。

 

★1993年

「体力の衰え」という事で、阪神タイガース自由契約になる。

その後、オリックスに入団した。

 

 

タイガースらしい選手

 

ランディ・バース選手、掛布雅之選手といった、規格外の強打者と、

クリーンアップに名を連ねていた岡田選手は、

何となく地味で、ともすれば影が薄いイメージを持たれている感じですが、

阪神タイガースを、いやプロ野球を代表する強打者であったという事実は、

残された成績や、記録に、如実に表われています。

 

ご本人が自覚されているかどうか、わかりませんが、

おとなしく、地味な感じで、口数が少ない岡田選手は、

いぶし銀で、玄人好みの「阪神タイガースらしい選手」の

代表格なのかも知れません。

 

オールドファンが多いのも頷けますね。

 

では、今日の所はこの辺で。

 

また、次回元気でお会いしましょう。