頭皮 薄毛 抜け毛の悩みをぶっ壊す 発毛法

頭皮 薄毛 抜け毛の悩みをぶっ壊す 発毛方法

薄毛でお悩みの方を救済する「頭皮 薄毛 抜け毛の悩みをぶっ壊す 発毛方法」約30年間薄毛と共に生きてきましたが、ある情報がきっかけで結構改善されました。正直もう完全に諦めていたのに、61歳にしてまさか生えて来るとは本当に想定外。おかげさまで副作用も全く無くどこまで復活するか、これからが楽しみです。

タレント列伝 ジャイアント馬場さん

皆さん、こんばんは。

薄毛治療放置歴30年の超ベテラン、

7月7日七夕生まれの、

ミスターヒコボシです。

 

本日は、読売ジャイアンツのピッチャーを

経て、プロレスラーになった、異色の

プロレスラー、日本プロレス界史上最大の

巨体を誇った、ジャイアント馬場さんの

登場です!

 

プロフィール

 

 

三条実業高等学校(現:新潟県央工業高校)中退。

生年月日 1938年1月23日

身長 209cm

体重 135kg

血液型 O型

 

経歴

 

 

新潟県三条市四日町国民学校

※入学後すぐに野球を始めるが、体格は

小柄な方だった。

 

※3年生頃から、急速に身長が伸び始める。

 

※5年生にして、身長175㎝ほどになり、

地元の少年野球団「若鮎クラブ」に所属し、

エースピッチャーとなる。

 

新潟県三条市立第一中学校

※入学時、既に身長は190㎝に達していた。

 

※身長が伸びると同時に、足も大きくなり、

自分の足に合うスパイクがないという事で、

野球部に入部する事を断念し、何故か、

美術部に入部した。

 

※馬場さんの足に合う、特注スパイクを

与えてもらう事になり、念願の野球部に

ようやく入部した。

 

※地元では、練習試合ながら18奪三振など

活躍した為「巨漢馬場投手」として、

有名だったが、残念ながら、

甲子園出場の夢は、叶わなかった。

 

プロ野球選手

 

 

★1955年 

1月に三条実業高等学校を中退し、読売ジャイアンツに投手として入団する。背番号は59だった。

 

★1956年 

2軍ながら、12勝1敗の好成績を

あげ、最優秀投手賞を受賞した。

 

★1957年 

※この年も2軍ながら13勝2敗で、

2年連続、最優秀投手を受賞し、将来を

大いに嘱望された。

 

※10月23日の中日ドラゴンズ戦で、ついに

先発で一軍初のマウンドに上がった。

 

※エースの杉下投手との投げ合いとなり、

5回まで無失点の好投を見せたものの、

試合には敗れる。

 

※この試合で相手チームの杉下投手は、

通算200勝を達成した。

 

★1959年 

※1958年は、目立った活躍を見せる事は

出来なかったが、この年は3度目となる、

2軍の最優秀投手賞を受賞した。

 

※2軍とはいえ、最優秀投手賞を受賞したにもかかわらず、馬場投手の後ろ盾となり、

評価してくれていた、藤本英雄投手コーチが

退団した事もあり、巨人を同年オフに、

自由契約された。

 

※巨人には5シーズン在籍したが1軍での登板は、1957年の3試合のみで、先発したのは、

1試合のみであった。

通算成績0勝1敗、防御率1.29

NPB公式記録)

 

★1960年

※1月に大洋ホエールズ(現:DeNAベイスターズの前身)の明石キャンプに、巨人から

大洋ホエールズに移籍した谷口五郎コーチに

誘われ、テスト生として参加し、採用内定を勝ち取る。

 

※宿舎の風呂場で転倒するというアクシデントに見舞われ、左肘に17針を縫う外傷を負う。

 

※ケガの後遺症で、左手の第三指と第四指の

関節が伸展出来ない状態が続いた為、

やむなく、プロ野球選手を断念した。

 

※恵まれた身体を生かした仕事をしたいと

考え、自宅アパート近くのボクシングジム

でのトレーニングを継続した。

 

※3月に巨人時代に面識を持った、

プロレスラーの力道山に会いに、

日本プロレスセンターを訪問したが、

遠征中の為、不在であった。

 

※元野球選手という、馬場さんと同じ経歴を

持っていたプロレスラー、竹下民夫さんに、

プロレス入門を薦めれる。

 

※4月11日にブラジル遠征から帰国した、

力道山に会いに行き、日本プロレスへの

入門を直訴する。

 

※その場で100回のヒンズースクワットを

命じられ、難なくこなした事で入門が

決定した。

 

※この年の9月30日に、台東体育館で、

シングル戦デビューを飾り、股裂きギブアップで田中米太郎選手に勝利した。

 

★1962年 

シカゴでバディ.ロジャースに勝利し、

NWA世界ヘビー級王者のタイトルを、

獲得した。

 

★1963年

ロサンゼルスで、ザ.デストロイヤーに

勝利したものの、反則勝ちであった為、

残念ながら、WWA世界ヘビー級王者の

タイトル奪取ならず。

 

★1964年

アメリカに於いて、当時の三大世界タイトルであったNWA(ルー.テーズ)WWWF(ブルーノ.サンマルチノ)WWA(フレッド.ブラッシー)に連続で挑戦した。

この挑戦は、アメリカのプロレスマット界の

伝説となり、ジャイアント馬場さんの名前を、世界に知らしめる基盤となった。

 

★1965年

ディック.ザ.ブルーザーに勝利し、

インターナショナルヘビー級王者の

タイトルを獲得した。

 

★1972年

全日本プロレスリング株式会社を

旗揚げした。

 

★1980年

デビューから20年目に、ザ.シークを相手に

した試合で、通算3000試合を達成した。

 

★1985年

※7月にスタン.ハンセンに敗れ、

PWFヘビー級王座を奪われる。

 

※第一線から退いた後は、ラッシャー木村選手や、百田光雄選手とファミリー軍団を

結成し、前座で明るく、楽しく、愉快な、

プロレスを披露し、人気を博した。

 

★1998年

12月5日に、プロレスラーを現役引退する。

通算なんと、5769試合もリングに上がった。

 

★1999年

プロレスラー現役引退からわずか2ヶ月後の、1月31日に、入院していた東京医科大学病院に於いて、61歳の若さで逝去した。

死因は、大腸癌の肝転移による肝不全であった。

 

本物のエンターティナ―

 

 

世間一般では、プロレスはあくまで、

ショーであり、真剣勝負をやっていないと

揶揄される傾向に有る様に思われますが、

馬場さんは「シュート(真剣勝負、ガチンコ)を超えたものがプロレス。」という

言葉を残しています。

 

観客を芯から熱狂させ、興奮状態にさせる

試合を行なう為には、真剣勝負を超える次元の事をやらなければならない、ということだと私は理解しています。

 

その為には、心身共に、想像を絶する

鍛錬が必要だったのでしょう。

 

ある意味、本物のエンターティナーだと

思います。

 

早過ぎる死が、本当に悔やまれます。

 

では、今日の所はこの辺で。

 

また次回、元気でお会いしましょう。