頭皮 薄毛 抜け毛の悩みをぶっ壊す 発毛法

頭皮 薄毛 抜け毛の悩みをぶっ壊す 発毛方法

薄毛でお悩みの方を救済する「頭皮 薄毛 抜け毛の悩みをぶっ壊す 発毛方法」約30年間薄毛と共に生きてきましたが、ある情報がきっかけで結構改善されました。正直もう完全に諦めていたのに、61歳にしてまさか生えて来るとは本当に想定外。おかげさまで副作用も全く無くどこまで復活するか、これからが楽しみです。

プロ野球列伝 長嶋茂雄さん

皆さん、こんばんは。

薄毛治療放置歴30年の超ベテラン、

7月7日七夕生まれの、

ミスターヒコボシです。

 

本日は、通算打率305、8000打数以上の右打者では、

歴代1位のミスタープロ野球長嶋茂雄さんの登場です!

 

プロフィール

 

立教大学出身

右投右打 三塁手

生年月日 1936年

身長 178cm

体重 76kg

血液型 B型

 

経歴

 

★千葉県佐倉市立臼井小学校

6年生の時に、兄が所属していた地元青年野球団の「ハヤテ・クラブ」に

所属して遊撃手として育成された。

 

★千葉県佐倉市臼井二町組合立中学校

野球部に入部。特に目立った活躍はなかった。

 

★千葉県立佐倉第一高等学校(現・千葉県立佐倉高等学校)

2年時 チームの4番バッターを務める。

3年時 地区大会を勝ち進み、千葉代表として南関東大会に出場。

1回戦、熊谷高等学校との試合で、それまでショートの守備で、

エラーが多かった長嶋さんですが、試合直前に負傷した三塁手に代わって、

初めてサードを守り、安定した守備を見せた事がキッカケで、

その後コンバートされ、三塁手に定着する。

 

この試合では、敗れたものの、長嶋さんは高校公式試合で、

自身初の本塁打を放った。

 しかもそのホームランが、推定飛距離約107メートル。

ライナー性の鋭い当たりで、センターバックスクリーン芝生下に飛び込む、

インパクト抜群のホームランだったので、野球関係者から、

大いに注目されるきっかけとなった。

 

★セレクション

1953年11月、静岡の伊東スタジアムで開催された立教大学野球部の

セレクションで、長嶋さんはフェンス直撃を含む3安打を放ち、

参加選手中2位で合格した。

(参加選手80人中20人が甲子園出場経験選手)

 

立教大学経済学部

1954年6月に父親が急逝し、一家の大黒柱を失い困窮する。

母親が野菜売りの行商をして生計を支える姿を見て、

長嶋さんは、大学を中退してプロ入りする事も考えましたが、

母親から猛反対されて断念しました。

 

2回生時 東京六大学秋季リーグベストナイン三塁手)。

3回生時 ※東京六大学春季リーグ首位打者のタイトルを獲得。

     ※東京六大学春季リーグベストナイン三塁手)。

     ※東京六大学秋季リーグベストナイン三塁手)。

4回生時 東京六大学春季リーグベストナイン三塁手)。

     ※東京六大学秋季リーグベストナイン三塁手)。

     ※東京六大学秋季リーグ首位打者のタイトルを獲得。

 

東京六大学野球リーグ通算成績

通算96試合出場 打率286(304打数87安打)。

本塁打、39打点、22盗塁。

 

★1958年 

※新人でオープン戦7本の本塁打を放ち、公式戦での活躍を期待される。

※4月5日開幕戦、対国鉄スワローズ戦に3番サードで先発出場。

国鉄スワローズのエース金田正一投手に4打席連続三振を喫するも、

その全てが、渾身のフルスイングの三振であった事から、

伝説的に語り継がれている。

 

※9月19日対広島戦で28号本塁打を放つも、一塁ベースを踏み忘れて、

本塁打を取り消される。このベース踏み忘れがなければ、

読売巨人軍唯一のトリプルスリー

(打率3割・本塁打30本・30盗塁)が、

新人にして達成される所だった。

もったいないけど、長嶋さんらしい

愛すべき、天然プレー(笑)

 

※この年、新人ながら、阪神タイガースの田宮謙次朗さんと

首位打者争いを展開する。

田宮選手がシーズン終盤欠場して以降、長嶋選手は全試合出場することで、

打率が下がってしまい、305でリーグ2位に終わる。

 

※打率303、本塁打29本、92打点、37盗塁の堂々たる成績で、

新人王に輝いた!

新人で、この成績は凄すぎる!!

さすがミスタープロ野球!!

 

★1959年

※後楽園球場で行なわれた天覧試合で、4-4で迎えた9回裏、

阪神タイガースのエース村山実投手からサヨナラ本塁打を放つ。

※この試合で新人だった、王貞治選手もホームランを放ち、

通算106回あったONアベックホームランの第1回となった。

 

※打率334で初の首位打者のタイトルを獲得する。

 

★1960年

打率334で、2年連続の首位打者に輝く。

 

★1961年

打率353で3年連続の首位打者と、本塁打28本で本塁打王の、

2冠王となる。打点はリーグ2位の86打点だった。

 

★1963年

打率341、37本塁打、112打点で首位打者打点王の2冠王となる。

本塁打は王選手の40本塁打に次ぐ、リーグ2位であった。

 

★1966年

※打率344で、5度目の首位打者のタイトルを獲得する。

26本塁打、105打点は、それぞれ王選手に次ぐリーグ2位であった。

 

日米野球で来日したドジャースのオマリー会長が

「長嶋選手を2年間で良いので譲って欲しい」と

正力松太郎社主に打診したが、

「長嶋がいなくなると、日本の野球が10年おくれる」と、

断られたのは有名な話。

 

★1968年

125打点で打点王のタイトルを獲得する。

打率318(リーグ2位)39本塁打(リーグ3位)。

 

★1969年

115打点で打点王のタイトルを獲得する。

打率311(リーグ3位)32本塁打(リーグ4位)。

 

★1970年

105打点で3年連続の打点王に輝く。

 

★1971年

史上5人目となる通算2000本安打を達成する。

1708試合での達成は、川上哲治さんに次ぐ、歴代2位の

スピード記録で、右打者では歴代最速記録であった。

また、大学卒のプロ野球選手では、初の達成者となった。

 

★1974年

※10月12日に中日ドラゴンズのリーグ優勝が決まり、

巨人のV10が消えた日に、長嶋選手は、現役引退を表明しました。

 

※引退セレモニーのスピーチ「我が巨人軍は永久に不滅です!」は、

今でも語り継がれていて、有名な言葉として人々の心に残っている。

 

※長嶋選手引退のニュースは、1974年の読売新聞の、

10大ニュースの4位になる程、社会的事件であった。

 

エンターティナー

 

長嶋選手の空振りは、脱げたヘルメットが三塁ベンチの方まで、

飛んでいったといわれるほどで、豪快な空振りでファンを沸かせました。

 

実は、三振をした時の画を事前に考え、わざわざ小さめで

楕円形のヘルメットを、アメリカから取り寄せ、

ヘルメットの飛んでいく角度など、空振りの練習までしていました。

 

また三塁の守備に於いても、普通のサードの守備位置よりも敢えて、

1.5メートル程、後ろに守り、守備範囲を広げ、ショートやピッチャーの

守備範囲の打球でも、見ようによっては横取りする様にキャッチして、

スタンドを大いに沸かせました。

 

そればかりか、より華のある守備を演出するために、スローイングの後に、

右手をヒラヒラさせる独特の動作を行なって、

一層ファンを楽しませていました。

 

この動きは、歌舞伎の動きを参考にしたものだという。

 

ファンが喜ぶことを、ここまでトコトン考えて、実践した選手に、

これまで長嶋選手以外、私は見たことも聞いたことも有りません。

 

勿論私も、そのうちの一人ですが、長嶋茂雄さんは、

巨人以外のファンからも、敵味方関係なく、心底愛されている、

「ミスタープロ野球」です。

 

長嶋茂雄さんは、永久に不滅です!!」

 

では、今日の所はこの辺で。

 

また次回、元気でお会いしましょう。