頭皮 薄毛 抜け毛の悩みをぶっ壊す 発毛法

頭皮 薄毛 抜け毛の悩みをぶっ壊す 発毛方法

薄毛でお悩みの方を救済する「頭皮 薄毛 抜け毛の悩みをぶっ壊す 発毛方法」約30年間薄毛と共に生きてきましたが、ある情報がきっかけで結構改善されました。正直もう完全に諦めていたのに、61歳にしてまさか生えて来るとは本当に想定外。おかげさまで副作用も全く無くどこまで復活するか、これからが楽しみです。

プロ野球列伝 王貞治さん

皆さん、こんばんは。

薄毛放置歴30年の超ベテラン、

7月7日七夕生まれの、

ミスターヒコボシです。

 

本日は、レギュラーシーズン通算本塁打868本の世界記録保持者で、

読売ジャイアンツのV9に貢献した王貞治さんの登場です!

 

プロフィール

 

早稲田大学系属早稲田実業学校高等部出身

左投、左打 一塁手右翼手

生年月日 1940年

身長 177cm

体重 79kg

血液型 O型

 

経歴

 

★東京都墨田区立業平小学校

懸垂もできず腕相撲も弱い子供だったが、小学校4年生の時、

クラスメイトと野球チームを作り、エースで4番を打つほど、

野球は抜群にうまかった。

 

腕相撲は弱いのに何故か相撲は強く、当時の横綱吉葉山関から

「相撲取りになりなさい」と言われる程だった。

 

★東京墨田区立本所中学校

入学した中学には野球部がなかったので、地元のオヤジさんが、

作ってくれた高校生主体の野球クラブ「厩四ケープハーツ」に、

中学生ながら加入した。

 

当時は左投げ、右打ちだったが、たまたま犬の散歩の途中で

チームの試合を見た、プロ野球毎日オリオンズ荒川博さんと出会い、

左打ちを勧められ、その場の試合で、いきなり左中間を破る二塁打を打ち、

直ぐに左打ちへの転向を決めた。

 

なんて日だ!!(笑)

 

早稲田実業学校高等部

1年時 

※春季関東大会東京都予選決勝に投手として先発出場。

日大三高に4-0で完封勝利し優勝を手に入れる。

夏の甲子園東京都予選に左翼手兼控え投手としてレギュラー入りし、

打順も1年生ながら5番を任される。

宿敵、明治高等学校を準決勝で2-1で破り、勢いそのままに、

決勝も成蹊高等学校を13-1で下し、夏の全国甲子園大会に出場する。

 

※甲子園大会の1回戦は、新宮高等学校に勝利するものの、

2回戦は、強豪県立岐阜商業高等学校に1-8で敗れる。

 

2年時

※春の選抜甲子園大会に出場。投手として準決勝まで、

3試合連続完封勝利の快投を見せる。

勝戦は4試合連続完封は逃したものの、5-3で

完投勝利を収め、関東に初めての選抜優勝旗をもたらした。

 

夏の甲子園大会にも出場し、2回戦で寝屋川高等学校から、

延長11回の熱戦で、なんとノーヒットノーランを達成した。

延長戦でのノーヒットノーラン達成は、甲子園では、

春夏を通じて唯一の記録である。

この夏の大会ではベスト8で、法政二高に1-2で惜敗した。

 

3年時

※春の選抜甲子園大会で、30年ぶりの記録となる、2試合連続ホームランを放つ。

大会ではベスト8で、濟々黌高等学校に敗退した。

 

※夏の大会は、東京都予選決勝で明治高等学校に敗れ、

5季連続の甲子園出場を逃す。

 

★1959年

契約金1800万円、年俸144万円、背番号「1」といった、

高校卒の新人としては、破格の条件で巨人に入団した。

 

入団後、甲子園の優勝投手でありながら、投手としての実力は、

プロでは通用しないと判断され、打者に専念することになる。

 

オープン戦では本塁打5本と活躍し、新人ながら注目を集める。

 

ただ公式戦が開幕すると、全く快音は聞かれなくなり、

デビューから10試合無安打が続き、26打席無安打と、

早くもプロの洗礼を浴びる事となる。

 

初ホームラン

 

4月26日後楽園球場での対国鉄スワローズ戦の

ダブルヘッダー第2試合)で0-0で迎えた7回、

1塁にランナーを置いて、既にここまで2打席凡退の王選手に、

水原監督は代打も考えたが、既に2アウトで得点圏にランナーもおらず、

この日の王選手は8番バッターだったこともあり、次打者が投手なので、

代打を温存することを優先して、そのまま王選手を打席に送りました。

 

王選手が打った打球は、ライトスタンド最前列に落ちて、記念すべき、

公式戦初安打が決勝2ランホームラン(出場11試合目)であり、

記念すべき第1号ホームランとなった。

 

10試合もヒットが出ない高卒新人を、

よくぞ使い続けた!アッパレ!!

 

★1960年

打率270、本塁打17本、打点71と主軸として

まずまずの成績を2年目に残したものの、三振は101個と多かった。

 

★1962年

公式戦の開幕で、22歳にして初めて4番に座るも、6月30日まで、

打率259、本塁打9本と物足りない成績しか残せなかった。

7月1日より、シーズン中にもかかわらず、突然あの(笑)荒川コーチから、

「今日から一本足で打て。三振を怖がるな!」と命じられる。

 

突然、なんて日だ!!(笑)

 

と言いながら、これをきっかけに打撃開眼し、

この年、本塁打38本、打率272、打点85の成績を残し、

初めて本塁打王打点王のタイトルを獲得した。

 

★1963年

※シーズン開幕から、一本足打法で打ちまくり、

長嶋さんとのコンビが「ON砲」と呼ばれ始める。

 

本塁打40本で2年連続本塁打王に輝く。

 

※打率305で初めて3割を超え、打点も106で、

主軸としての地位を不動のものとする、活躍をみせた。

 

★1964年

シーズン55本塁打の偉業を達成する。119打点で、

2度目の打点王も獲得するが、打率320と健闘するも、

わずか3厘差で江藤慎一選手に及ばず、三冠王は逃す。

 

★1965年

シーズン中にケガをするも、本塁打42本で、4年連続の本塁打王

109打点で2年連続、3度目の打点王に輝いた。

 

★1973年

打率355、51本塁打、114打点と、

文句の言いようのない好成績で、史上3人目、

自身初の三冠王に輝く。

 

★1974年

※打率322、49本塁打、107打点で、史上初の、

2年連続三冠王を達成する。

 

※史上8人目となる、通算2000本安打を達成する。

 

※巨人はセ・リーグで10連覇は阻まれたが、自身は、

2年連続でMVPを受賞した。

 

★1975年

三冠王を達成している王選手にとっては、打率285 33本塁打

96打点の成績は決して満足できる数字ではなかった。

 

打点王は獲得したものの、13年間守り続けた本塁打王の座を、

阪神タイガース田淵幸一選手に明け渡した。

 

★1977年

9月3日、対ヤクルトスワローズ戦で、通算本塁打756号を放ち、

メジャーリーグ記録を抜き「世界新記録」となる。

 

★1978年

※118打点で8年連続の打点王になったが、これが結局、

現役最後に獲得する主要な打撃タイトルとなる。

 

※日本プロ野球史上初の2000打点を記録した。

 

★1980年

王貞治としてのバッティングができなくなった」という言葉を残し、

現役引退を表明した。

 

誠実で真面目な人柄で知られる王貞治さんは、現役時代から、

道具を大切に扱う事でも知られていて、同じミットを、

10年以上使い、自ら裁縫までして使い続けていました。

 

またファンを、非常に大切にする事でも有名で、ファンレターや、

年賀状の返事は、練習でどんなに疲れていても、必ず書いていました。

 

当時キャンプ地に持ち込んだハガキや、手紙の量は数万通とも

言われていました。

 

他人のことを、あまり褒める事のない、同時代にパ・リーグ

活躍した野村克也さんが「王は常に謙虚で、まわりを気遣う紳士であり、

特に弱い立場の人への配慮を、欠かさないところがあった」と褒め称えています。

 

今後も末永く、日本プロ野球界の発展のために、是非お力を、

貸して頂きたいものです。

 

では、今日の所はこの辺で。

 

また次回、元気でお会いしましょう。