頭皮 薄毛 抜け毛の悩みをぶっ壊す 発毛法

頭皮 薄毛 抜け毛の悩みをぶっ壊す 発毛方法

薄毛でお悩みの方を救済する「頭皮 薄毛 抜け毛の悩みをぶっ壊す 発毛方法」約30年間薄毛と共に生きてきましたが、ある情報がきっかけで結構改善されました。正直もう完全に諦めていたのに、61歳にしてまさか生えて来るとは本当に想定外。おかげさまで副作用も全く無くどこまで復活するか、これからが楽しみです。

タレント列伝 水谷豊さん

皆さん、こんばんは。

薄毛治療放置歴30年の超ベテラン、

7月7日七夕生まれの、

ミスターヒコボシです。

 

本日は、奥さんである元キャンディーズ

伊藤蘭さんの事を、結婚して30年経った今でも「蘭さん」と呼んでいる、シャイでナイスガイの水谷豊さんの登場です!

 

プロフィール

 

 

東京都三鷹市大成高等学校出身

生年月日 1952年7月14日

身長 168㎝

体重 60Kg

血液型 A型

 

経歴

 

 

★東京都立川市立第四小学校

※小学校2年生の時に、北海道から転校してきた。

 

※リトルリーグで野球をして、大会で優勝をした経験もある。

 

※テレビの世界に興味を持ち「将来、

この小さな箱(テレビ)に入ってみせる」という野望を持っていた。

 

※当時は演劇よりも大相撲にあこがれ、力士になりたかった。

 

★東京都立川市立第一中学校

※陸上部に所属し、オリンピックを目指し練習に励む。

 

※中学一年生の時、劇団ひまわりに入団し、当初は、

エキストラをこなしていた。

 

★1968年

※『バンパイヤ』(フジテレビ)のオーディションに合格し、

デビューと同時に、主役に抜擢される。

 

※第一話では、なんと原作者である、あの手塚治虫さんとの

共演を果たした。

 

★東京都三鷹市大成高等学校

※1970年

『その人は女教師』(共演:岩下志麻さん)で、

映画デビューを果たした。

 

※『小さな箱(テレビ)』に入るという目的を果たしてしまい、

自分には違う道があるかも知れないという考えも出てきて、

大学受験も選択肢になったこともあり、劇団ひまわりを辞めて、

一旦、芝居も辞める形を取った。

 

浪人時代

 

東京商船大学(現:東京海洋大学海洋工学部)の受験に失敗し、

働きながら、浪人生活を始める。

 

※将来に不安を感じ、発作的に家出をするも、行くあてもなく、

2ヶ月間、近所の公園のすべり台の上で野宿生活をした。

 

※中学時代にお世話になったプロデューサーから、

「もう一度、役者をやらないか。」と連絡が入り、アルバイトの様な、

軽い気持ちで、役者の世界に戻った。

 

★1972年

太陽にほえろ!』(日本テレビ)の第一回に、犯人役で出演する。

 

★1974年

ショーケンこと、萩原健一さん主演の『傷だらけの天使』に出演した。

 

「アキラ~」「兄貴ぃ~」(笑)

 

★1975年

※映画『東京湾炎上』に出演した。

 

※事前に渡された脚本を読んで、予定だった役柄と真逆の立場の、

「テロリスト役」を自ら志願し、日本人が大義の為、同胞の日本人を

追い詰める役を演じた。

 

★1976年

青春の殺人者』(原田美枝子さん出演)で、

キネマ旬報賞主演男優賞を最年少で受賞した。

 

★1977年

※『赤い激流』でピアニスト役を演じた。

 

※ピアノは全くの素人で弾けなかったが、35万円で

ピアノを購入し、猛特訓の末、4日目には「エリーゼのために」を、

全曲弾けるようになり、ピアノの先生を驚かせた。

 

★1978年

※10月『熱中時代(教師編)』の主演で、大ブレイクし、

最高視聴率46.7%という、驚異的な数字を記録した。

 

※主人公の北野広大先生のキャラクターが「理想の教師像」として、

社会現象となった。

 

※その後放送された『熱中時代(刑事編)』も引き続き、

人気を博した。

 

 

ジグザグ~♪ 気取った~♪(笑)

 

★2008年

『相棒』での演技力が高く評価され、同じく主演を務めた、

寺脇康文さんと共に、第16回橋田賞俳優部門を受賞した。

 

★2011年

第24回、日本メガネベストドレッサー賞、芸能界部門を受賞した。

 

★2017年

主演映画『TAP THE LAST SHOW』で

念願の監督デビューを果たした。

 

親近感

 

 

※長年に渡り、高視聴率を続けているドラマ『相棒』での

インテリジェンスな役柄が、そのまま水谷さん自身の

イメージとなって定着してしまっている方も多いかと思います。

 

※ただ、実際の水谷さんは10年間も住み続けている自宅の中で

迷子になる(どんだけ豪邸!(笑))程、方向音痴だったり、

笑い出すと止まらなくなる癖がある様で、モニター検証で

一緒に見ていた神戸尊役の及川光博さんに、静かにする様

注意されたりする事もあったりと、結構お茶目な面を

持ち合わせています。

 

※人気のシーンになっている、ティーポットの紅茶を

肩の高さから手元のティーカップに注ぐ優雅そうな仕草も、

実際の撮影では、しばしば飛び散る、熱い紅茶による火傷を

ガマンしていると聞くと、一層親しみを感じてしまいます。

 

もはや、熟練の域に達した感のある水谷さんには、これからもずっと

味のある演技を続けて、私たちを大いに楽しませて頂きたいものです。

 

では、今日の所はこの辺で。

 

また次回、元気でお会いしましょう。