頭皮 薄毛 抜け毛の悩みをぶっ壊す 発毛法

頭皮 薄毛 抜け毛の悩みをぶっ壊す 発毛方法

薄毛でお悩みの方を救済する「頭皮 薄毛 抜け毛の悩みをぶっ壊す 発毛方法」約30年間薄毛と共に生きてきましたが、ある情報がきっかけで結構改善されました。正直もう完全に諦めていたのに、61歳にしてまさか生えて来るとは本当に想定外。おかげさまで副作用も全く無くどこまで復活するか、これからが楽しみです。

プロ野球列伝 野村克也さん

皆さん、こんばんは。

薄毛放置歴30年の超ベテラン、

7月7日七夕生まれの、

ミスターヒコボシです。

 

本日は、我らが阪神タイガースが低迷した1999年からの3年間、

結果的には3年連続最下位に終わったといえ、監督として確実に、

「常勝チームとなる礎」を築いてくれた球界の至宝「ノムさん」こと、

野村克也さんの登場です!

 

プロフィール

 

京都府立峰山高等学校出身

生年月日 1935年

身長 175cm

体重 85kg

血液型 B型

 

経歴

 

★小学生時代

※3歳の時に父親が満州で戦死し、母子家庭での極貧生活を、

余儀なくされる。

 

※小学校1年生の頃から、兄と共に新聞配達や、アイスキャンディーを

売ったり、近所の子守をしたり、色々とアルバイトをして生計を支えた。

 

※元々病弱だった看護師の母親が、小学校2年と3年の2回もガンを患い、

極貧生活に一層拍車がかかる。

 

★中学生時代

※極貧生活から何とか抜け出したい一心で、将来歌手になろうと思い、

コーラス部に所属する。

 

※俳優になると、お金が稼げると思い、映画館にも通う。

 

プロ野球選手の方が 稼げると考え、2年生から野球部に入部。

素質が開花し、すぐに4番、キャッチャーに抜擢された。

 

※3年生の時、奥丹後地方で優勝し、京都府大会でもベスト4に入った。

 

※勉強があまりできなかったこともあり、母親からは、中学を卒業したら、

働く様に言われていた。

 

※成績優秀だった兄が「高校ぐらい出ておかないと将来困る」と、

心配してくれ、自らの大学受験を断念してまで、高校進学への

後押しをしてくれた。

 

京都府立峰山高等学校

※母親に内緒で野球部に入部するが、すぐにバレてしまう。

※顧問の先生が間に入ってくれて、退部は逃れる。

※バットが買えない程、貧しかったので、一升瓶に海水を入れて

素振りをしていた。

 

※当時、廃部が検討されていた程の弱小チームで、2年生の時に、

京都府予選の2回戦まで進んだのが最高で、甲子園といえば、

遥か遠くの夢でしかなかった。

 

プロ野球入りを希望するも、全くの無名選手だったため、

顧問の先生が、プロ球団の監督宛に手あたり次第、

直接推薦状を送ってくれた。

 

※当時南海ホークスの監督だった鶴岡一人さん(当時は山本姓)

だけが、返事をくれ野村選手を見に来てくれた。

 

※鶴岡監督が見守る中、野村選手はランニングホームランを放つ。

(なんと、高校時代のホームランはこの1本だけである。)

 

念願のプロ入り

 

★1954年

※契約金0のテスト生として、南海ホークスに入団。

※9試合出場、11打数0安打の結果で、シーズンオフに

はやくも戦力外通告を受ける。

 

※ところが直後の、秋季キャンプ中に正捕手が交通事故、2番手捕手が、

トレードに出され、3番手捕手も頭部に死球を受けてケガをしたため、

いきなり捕手不足事態に陥り、一転残留の可能性が出てきた。

 

※「もしここでクビになるようなら生きていけません。南海電車

飛び込んで自殺します。」と担当マネージャーに粘り強く交渉して、

ようやく残留が決定する。

 

驚異の粘り腰!!(笑)

 

★1955年

※捕手としては肩が弱かった為、一塁手へのコンバートを命ぜられる。

 

※当時の一塁手のレギュラーは球界を代表する飯田選手だったので、

このままだとレギュラーにはなれないと思い、鉄アレイ、テニスボール、

砂を詰めた一升瓶、握力計等で徹底して筋力を鍛え、遠投によって、

肩も強化した。

 

★1956年

※ハワイでの春季キャンプで、待望の一軍に抜擢される。

※このキャンプ以降、正捕手の座に定着した。

 

★1957年

※打率302、打点94、ホームラン30本で、

本塁打王のタイトルを手にする。

 

★1962年

本塁打44本、打点104で二冠王のタイトルを獲得する。

本塁打44本は、当時のパ・リーグ新記録であった。

 

★1963年

本塁打52本、打点135で2年連続の二冠王に輝く。

本塁打52本は、当時のプロ野球新記録であった。

 

★1965年

※打率320、本塁打42本、110打点で初の三冠王に輝いた。

 

★1975年

※5月22日に後楽園球場で、史上2人目の、

通算600号本塁打を達成する。

 

月見草

 

野村選手が、通算600号本塁打という史上2人目の偉業を達成した時、

後楽園球場の観客は、わずか7000人でした。

試合後のインタビューでは、大勢の観客の前でプレーしている

王選手や長嶋選手を「ヒマワリ」の花にたとえ、自分自身は、

人目につかないでひっそりと咲く「月見草」に例え、王選手や

長嶋選手がいたおかげで頑張れた、みたいな発言をしました。

このとき以来「月見草」が野村選手の代名詞となりました。

 

★1969年

選手兼監督のプレーイングマネージャーとして「キャッチャー」

「4番打者」「監督」の3役の重責を34歳の若さで担う。

 

★1970年

※監督兼任でありながら、打率295、本塁打42本、打点114の

好成績を残した。

 

35歳で監督兼任で、この成績はお見事!!

 

※母子家庭で育ったためか、情に厚く、監督兼任当時、

選手には勿論のこと、裏方の人の事もよく気にかけていた。

 

※猛打賞をとることが多かったが、その賞でもらったアンダーシャツや、

ストッキングを段ボール箱に山積み積んで、選手や打撃投手、

ブルペン捕手まで配りまわっていた。

また、スーツ等もよく裏方の方に譲ったりもした。

 

現役時代のタイトル

 

首位打者 1回(1965年)

 

本塁打王 9回(1957年、1961年~1968年)

8年連続は、パ・リーグ記録

 

打点王  7回(1962年~1967年 1972年)

6年連続は、パ・リーグ記録

 

最多安打 1回(1965年)

 

ハングリー精神

 

プロ野球に入団して1年目に「クビ」を宣告された野村選手が、

通算657本塁打を打つ様な大打者になるとは、当時誰も、

夢にも思わなかったことでしょう。

 

今年84歳になった野村さんは、最近こんなことを言っています。

プロ野球選手になろうと決意したのは、苦労を掛けてきた

母親を楽にさせてやりたい一心からだった。ハングリー精神は必要だ。」

 

尋常ではない苦難を乗り越えてきた人の言葉は、

ズッシリと重いですね。

 

奥様が亡くなられてから、少し元気がない様に見えますが、

球界のご意見番として、まだまだボヤキまくって欲しいですね。

 

では、今日のところはこの辺で。

 

また次回、元気にお会いしましょう。