頭皮 薄毛 抜け毛の悩みをぶっ壊す 発毛法

頭皮 薄毛 抜け毛の悩みをぶっ壊す 発毛方法

薄毛でお悩みの方を救済する「頭皮 薄毛 抜け毛の悩みをぶっ壊す 発毛方法」約30年間薄毛と共に生きてきましたが、ある情報がきっかけで結構改善されました。正直もう完全に諦めていたのに、61歳にしてまさか生えて来るとは本当に想定外。おかげさまで副作用も全く無くどこまで復活するか、これからが楽しみです。

お笑いタレント ビートたけしさん

皆さん、こんばんは。

薄毛治療放置歴30年の超ベテラン、

7月7日七夕生まれの、

ミスターヒコボシです。

 

本日は、毒舌で破天荒なイメージがかなり強いのですが、

実は、デリケートで心優しい、ビートたけしさんの登場です!

 

 プロフィール

 

明治大学工学部出身(現・理工学部

生年月日 1947年1月18日

身長 168cm

体重 76kg

血液型 O型

コンビ名 ツービート

相方 ビートきよし

事務所 T,Nゴン

同期 笑福亭鶴瓶

 

経歴

 

★足立区立梅島第一小学校

母親が教育熱心だった事もあり、成績は優秀だった。

図画工作、算数が得意科目。

 

★足立区立第四中学校

母親の意向で近隣の中学ではなく、

進学校に越境入学した。

 

時代を考えると、母上、相当教育熱心!!

 

母親 北野さきさん 教育熱心エピソード1

子供の頃のある日、ビートたけしさんは母親から、

「遊びに連れて行ってあげる」と言われ、付いて行くと、

そこは、神田にある参考書を取り扱う本屋や卸問屋街だった。

勉強用の本を大量に購入し、遊びは終了したらしい。

 

遊びって・・・。

 

母親 北野さきさん 教育熱心エピソード2

ビートたけしさんは、小学校の頃から野球が大好きだったが、

教育熱心な母親に、野球をしている所を見つかると怒られるので、

グローブを新聞紙に包んで、土の中に隠していたらしい。

ところが、ある日、いつもの様に土の中から取り出してみると、

新聞紙の中のグローブが参考書に代わっていたらしい。

 

さっすが、たけしさんの母上!

全てお見通し(笑)

 

★東京都立足立高等学校

軟式野球部に所属するかたわら、

ヨネクラジムでボクシングも習っていた。

 

明治大学工学部(現・理工学部)機械工学科

※大学生活に、なかなか馴染めず、五月病を患う。

※大学2回生の時、家出同然で一人暮らしをスタートさせる。

※一人暮らしをスタートして、厳しい母親から解放された反動からか、

ほとんど大学に通わなくなり、新宿のジャズ喫茶でアルバイトの生活に、

どっぷりと浸かってしまう。

 

★1972年

芸人見習い志願として、浅草のストリップ劇場「浅草フランス座」で、

エレベーターボーイを務める。

 

★1974年

ビートきよし漫才コンビ「ツービート」を結成する。

当時、大阪で人気が出ていたB&Bの早口で、

しゃべりまくる漫才スタイルに触発され、

ツービートもスピードを速めてしゃべりまくるスタイルへ、

変貌を遂げていった。

また服装も、タキシードに蝶ネクタイスタイルから、

アイビールックに変更することで、旧態依然とした、

古い漫才像からの脱却を図った。

 

★1979年

※「ミキ&ミチ」の女性漫才師、内海ミキさんと結婚、

新婚旅行は、千葉県の犬吠埼

亀有のアパートで新婚生活を始めた。

 

※9月12日、父 菊次郎さん逝去する。

 

★1980年

漫才ブームが到来。毒舌ネタと毒舌漫才で、B&Bや

ザ・ぼんち等と一緒に一躍人気者となる。

 

※出演していた「スター爆笑座」の楽屋で、初代MCの、

せんだみつおさんと雑談中に、後にビートたけしさんの

代表的なギャグとなる「コマネチ!」が誕生した。

 

※フジテレビ「笑ってる場合ですよ!」で、ツービートは、

火曜日のレギュラーとなる。

 

★1981年

※元旦より、ラジオ番組「ビートたけしオールナイトニッポン」が

スタートする。

 

※5月よりフジテレビ系の『オレたちひょうきん族』が放送開始される。

 

★1983年

※以下列挙した当時のレギュラーのテレビ番組は、

全て高視聴率をマークした。

 

●天才、たけしの元気が出るテレビ!(日本テレビ

スーパージョッキー日本テレビ

オールナイトニッポンニッポン放送

オレたちひょうきん族(フジテレビ)

ビートたけしのスポーツ大将(テレビ朝日

●OH!たけし(日本テレビ

●痛快なりゆき番組風雲!たけし城(TBS)

世界まるごとHOWマッチ毎日放送

 

★1986年

たけし軍団の軍団員と共に、講談社のフライデー編集部を襲撃し、

暴行容疑等で、現行犯逮捕された。

 

★1994年

8月、バイク運転中に事故で重傷を負った。

 

★1997年

第54回ヴェネツィア国際映画祭で、映画『HANA-B』が、

日本作品として、実に40年ぶりとなる金獅子賞を受賞した。

 

★1999年

第52回カンヌ国際映画祭コンペティション部門に、

映画『菊次郎の夏』で参加し、スタンディングオベーションを受ける。

 

★2005年

東京芸術大学の大学院映像研究科の特別教授及び、

映画専攻長に就任する。

 

★2008年

第30回モスクワ国際映画祭で、特別功労賞を受賞する。

 

★2010年

フランス芸術文化勲章のコマンドワール章を受章。

 

★2016年

アカデミー賞を主催している米映画芸術科学アカデミーから

ライター部門での会員候補に選定される。

 

長期にわたり、テレビ、ラジオ、映画を通じて、

私たちを幸せな気分にさせてくれているビートたけしさんは、

日本を代表するエンターティナーだと思います。

 

毒舌ぶりばかリがクローズアップされていますが、

本当に繊細な心の優しさを持った方です。

 

特に印象的だったのは、フィギュアスケートで、浅田真央さんが

メダルを逃した2014年の「情報7DAYSニュースキャスター」で、

「真央ちゃんみたいなのはね、メダルとれなくたってね、

感動があるんだよ、だからいいんだよ」と、いつになく包み込む様な、

気遣いにあふれた、やさしい口調でのコメントでした。

 

「メダルを取れなくても良い」といった発言は、普通はバッシングの

対象になりやすい事もあって、中々言えない所ですが、

包み込む様な優しさが伝わるコメントは、見ている方々にも、

多くの共感が得られるという事でしょう!

 

では、今日の所はこの辺で。

 

また次回、元気でお会いしましょう。