頭皮 薄毛 抜け毛の悩みをぶっ壊す 発毛法

頭皮 薄毛 抜け毛の悩みをぶっ壊す 発毛方法

薄毛でお悩みの方を救済する「頭皮 薄毛 抜け毛の悩みをぶっ壊す 発毛方法」約30年間薄毛と共に生きてきましたが、ある情報がきっかけで結構改善されました。正直もう完全に諦めていたのに、61歳にしてまさか生えて来るとは本当に想定外。おかげさまで副作用も全く無くどこまで復活するか、これからが楽しみです。

タレント列伝 沢田研二さん

皆さん、こんばんは。

薄毛治療放置歴30年の超ベテラン、

7月7日七夕生まれの、

ミスターヒコボシです。

 

本日は、グループサウンズ全盛期の、

ザ・タイガース』のボーカルから始まり、

スーパースターの名を欲しいままに歩んできた、

ジュリーこと沢田研二さんの登場です!

 

プロフィール

 

京都府立鴨沂高等学校中退

生年月日 1948年6月25日

身長 171cm

体重 48kg

血液型 A型

 

経歴

 

京都市立第三錦林小学校

※学校の成績は優秀で、スポーツ万能だったので文武両道を地で行くタイプであった。

プロ野球選手に憧れていた頃で、ジャイアンツの川上哲治選手や

藤尾茂選手のファンだった。

 

タイガースと違うんか~い!(笑)。

 

京都市立岡崎中学校

※野球部に所属し、キャプテンも務めた。ポジションは一塁手であった。

 

京都市で4位となり、京都府大会にも進出したが、ここで敗れて、

プロ野球選手の夢は、あっさりとあきらめた。

 

京都府立鴨沂高等学校

※かって同校は、京都大学の合格者数で、

全国一位になった程の進学校であった。

 

※空手部に所属しながら、ダンス喫茶「田園」でアルバイトをしていた。

 

※アルバイト先で「サンダース」というバンドに誘われ

ボーカルを担当する事になる。

 

※「サンダース」のステージを見ていた岸部一徳さんにスカウトされ、

ザ・タイガース」の前身バンド「サリーとプレイボーイズ」に、

ボーカルとして加入したため、高校は中退することになる。

 

※正式加入後、バンド名が「サリーとプレイボーイズ」から

ファニーズ」に変更された。

 

※「ファニーズ」として、大阪にあったジャズ喫茶「ナンバ一番」に

出演した時、共演したロック歌手の内田裕也さんから声をかけられる。

 

シェケナ ベイビー!(笑)

 

内田裕也さんを通じ、メンバー全員が渡辺プロと契約した。

 

※「ジュリー」の愛称は、渡辺プロの社長と沢田研二さん自身が、

イギリスのエンターティナー、ジュリー・アンドリュースさんが

好きだったことから名付けられたという説が有力である。

 

※上京後、ザ・ヒットパレードという歌番組のプロデューサーに、

出演直前「ザ・タイガース」と名付けられた。

 

★1967年

※2月5日にシングル曲『僕のマリー』でデビューを飾る。

※セカンドシングルとしてリリースした『シーサイド・バウンド』が、

40万枚の大ヒットとなり、人気に火が付いた。

 

踊りに行こうよ ♪ 青い海のもとへ ♪

ゴーゴー!(笑)。

 

※8月15日に発売した3枚目のシングル曲

モナリザの微笑」もオリコンチャート発足前の

『ヤング・ミュージック』ランキング一位を

獲得するなど大ヒットした。

 

★1968年

※1月5日に4枚目のシングル曲「君だけに愛を」をリリース。

 

※曲のサビの部分で、ジュリーが観客に向かって「君だけに~!」と

指をさすポーズは、当時「黄金の人差し指」と呼ばれ、失神者が

コンサートで続出し、グループサウンズブームを印象付ける、

代表的な曲となった。

 

★1969年

3月1日に、アメリカの音楽雑誌の中で、歴史と権威が、

トップクラスの音楽雑誌「ローリング・ストーン」の

表紙に登場した。

 

★1971年

※1月24日に「ザ・タイガース ビューティフル・コンサート」を

日本武道館で行ない、解散した。

 

ザ・スパイダースから井上堯之さんと大野克夫さん、

ザ・テンプターズから萩原健一さんと大口広司さん、

ザ・タイガースからは沢田研二さんと岸部一徳さんという、

夢の様なメンバーでPYGを結成した。

 

※ジュリーとショーケンという人気ツインボーカル

ニューロックを目指したものの、思惑は外れ、

残念ながら、あまり人気は出なかった。

 

※11月1日発売のシングル曲「君をのせて」で、

ソロデビューを果たしたが、累計売上は10万枚と

厳しいスタートとなる。

 

★1972年

※2枚目のシングル曲「許されない愛」が3月11日に発売された。

オリコン最高位の4位を記録し、ソロとして

初のオリコントップ10入りを果たした。

 

※映画『虹をわたって』で、人気絶頂だった天地真理さん、

萩原健一さんと共演した。

 

※マカロニ刑事役で『太陽にほえろ!』に出演していた萩原健一さんに、

犯人役で撃たれて死ぬ役を好演し、話題となった。

 

ショーケンと結構からんでる~!(笑)

 

★1973年

※「危険なふたり」を4月21日に発売し、65万枚の大ヒットとなる。

※ソロとして初のオリコン一位を獲得すると同時に、

第4回日本歌謡大賞を受賞した。

 

★1974年

10枚目のシングル曲となる「追憶」が58万枚の売り上げを上げ、

2回目のオリコン一位に輝いた。

 

ニーナ~ ♪ 忘れられない~ ♪ (笑)。

 

★1975年

「時の過ぎゆくままに」が8月21日に発売され、5週連続で

オリコン一位を記録し、累計売上も92万枚に達した。

 

三億円犯人は、何処に?

 

★1977年

勝手にしやがれ」が5月にリリースされ、オリコン一位を

5週保ち、89万枚を売り上げるヒット曲となり、

第19回日本レコード大賞を受賞した。

 

★1980年

※「TOKIO」が1月1日に発売され、電飾装備のスーツに身をまとい、

パラシュートを背負って歌うパフォーマンスが大きな話題を呼んだ。

 

※大晦日の除夜の鐘が鳴り終わり、新年を迎えてすぐに、この姿で

テレビ出演していたのを見て、私自身もビックリしたのを覚えています。

 

ビジュアル系のパイオニア

 

この頃から一気にビジュアルを重視したスタイルが加速して、

人気を一層拡大させていきましたが、当時のジュリーは、

男の私から見ても、本当にカッコよかったですね。

 

今どきの中高生が、You Tubeで当時の映像をみて、

「同じ時代に生まれたかった。」とか

「こんなに歌唱力があって、カッコいい人は、今の時代にはいない。」

と言って夢中になっているのも頷けます。

 

現在でも歌唱力は衰えるどころか、

今もなお進化しているように思われますので、

失礼ながら・・・、

少しでも全盛期の体形に戻して頂ければなと、

切に願ってしまいます。

 

では、今日のところはこの辺で。

 

また次回、元気でお会いしましょう。