頭皮 薄毛 抜け毛の悩みをぶっ壊す 発毛法

薄毛治療の放置歴30年の親父が見つけた薄毛治療の方法とは?

約30年間薄毛と共に過ごしてきましたが、ある情報がきっかけで、薄毛治療を開始し、改善されつつあります。まさか61歳にしてこんなに改善されるなんて想像もしていませんでしたので、本当にビックリしました。おかげさまで副作用も全くないので、一体どこまで改善されるのか、楽しみしかありません。

竹野内豊さんが高校入学後、即パーマをかけたのは何故?

皆さん、こんばんは。

薄毛治療の放置歴30年の超ベテラン、

7月7日七夕生まれの、

ミスターヒコボシです。

 

本日は、ファッション誌のモデルを経て、イケメン俳優として、

数多くのテレビドラマや映画で主役を張り、日本を代表する俳優となった

竹之内豊さんの登場です!

 

プロフィール

 

東京都豊島区私立豊南高等学校出身

生年月日 1971年1月2日

身長 179cm

体重 63kg

血液型 O型

 

経歴

 

★幼少期

※東京都調布市に生まれ、間もなく豊島区池袋に移り住んだ。

 

※両親と2歳年上の姉の4人家族で、非常に仲が良く

笑いの絶えない明るい家庭に育った。

 

※父親は自衛官で、躾には厳しかった。

 

※ヤンチャな性格で、姉と二人で外に出て走り回って遊んでいた。

 

★埼玉県所沢市立西富小学校

※小学1年の時に、埼玉県所沢市に引っ越し、転校先で早々に

イジメられたが、やり返してケンカになった。

 

※絵画教室に通った結果、感性が磨かれた。

 

※器械体操を習っていたのでバク転が出来た。

 

※近所に住んでいた年上の男の子と仲良くなり、

川で一緒によく釣りをして遊んだ。

 

※5,6人の友達と、いつも一緒に山や川を探検して遊んだ。

 

★埼玉県所沢市向陽中学校

※マスコミに取り上げられ、紹介されるほど校則が厳しい学校だった。

 

 ※「タカケン」というあだ名をつけられていた。

 

※進学塾には真面目に通って、勉強していた。

 

※洋画が好きで、よく映画を観に行った。

 

※同級生だけではなく、下級生の女の子にも人気があり、

「所沢の東山」と呼ばれ、有名だった。

 

※卒業式ではボタンを全部取られ、第2ボタンは

壮絶な奪い合いとなった。

 

★東京都豊島区私立豊南高等学校

(当時は男子校、現在は男女共学)

※主な卒業生には、俳優の松田優作さんやタレントの工藤兄弟がいた。

 

 ※中学の時の校則が厳しかった反動で、入学後すぐにパーマをかけた。

 

※沢山の種類のアルバイトを精力的にやって、中学の頃から欲しかった、

念願のバイクを購入した。

 

※夜のアルバイトで疲れ果て、朝のホームルーム終了後に寝てしまい、

目が覚めると、終業のホームルームをやっていた事もあった。

 

※男子校で、硬派を気取っていたので、高校時代に女の子と、

付き合った事はなかった。

 

※高校3年生の時に、母親と姉が勝手に、講談社のファッション誌

チェックメイト」のモデルのオーディションに応募して、

採用されたのがきっかけで、モデルになった。

 

母上も、姉上も、カッコイイ!と

思っていたのでしょうね(笑)。

 

※父親には大反対されたが、モデル業に専念するため、

大学への進学はしなかった。

 

※モデルになったばかりの頃は、ファッション誌だけではなく、

スーパーのチラシのモデルの仕事もこなしていた。

 

★1994年

TBS系の東芝日曜劇場のテレビドラマで、緒形直人さん主演の

「ボクの就職」に、カネ正食品の新入社員、佐々木三四郎の役で、

俳優デビューを果たした。

 

★1995年

日本テレビ系のテレビドラマ「星の金貨」に、医者の永井拓巳役で出演し、

第33回ゴールデンアロー賞放送新人賞に輝いた。

 

★1997年

フジテレビ系の「月9」で放送された「ビーチボーイズ」に、

反町隆史さんとダブル主演し、平均視聴率23,7%、

最高視聴率26.5%を記録する大ヒットドラマとなり、出世作となった。

 

★2001年

 前述した様に、自身も小学校の頃に絵画教室に通っていて、

元々興味のあった、絵画の修復士を志す主人公の阿形順正役で、

イタリアのフィレンツェを舞台にした映画

冷静と情熱のあいだ」に出演し、第25回日本アカデミー賞

優秀主演男優賞を受賞した。

 

★2003年

TBS系列で放送された、ヤンキー先生こと

義家弘介さんをモデルにしたテレビドラマ「ヤンキー母校に帰る」に

主演し、月間ギャラクシー賞・個人賞・年間個人賞と、

第12回橋田賞個人賞を受賞した。

 

★2011年

平山秀幸さん監督の映画「太平洋の奇跡ーフォックスと呼ばれた男ー」で

実在した主人公の陸軍大尉、大場栄を熱演し、第54回ブルーリボン賞

主演男優賞を受賞した。

 

★2015年

アメリカの映画情報サイト「TC Candler」が発表した

「世界で最もハンサムな顔100人」で、63位に入った。

 

 

努力家

 

端正な顔立ちだけがクローズアップされがちな感じの、

竹野内豊さんですが、周りのスタッフには

「非常にストイックで努力家」であると、もっぱらの評判です。

 

映画の発表などで披露する、とても独学とは思えない英語力の高さが、

その評判を如実に表している様に思います。

 

渋い声も魅力的な竹野内豊さんの、今後一層の活躍を

期待している女性ファンも多いことでしょう。

 

では、今日の所はこの辺で。

 

また次回、元気でお会いしましょう。

 

★薄毛治療を自宅で簡単にする方法の記事★

https://www.m-hikoboshi.com/entry/usuge-tiryou-jitaku