頭皮 薄毛 抜け毛の悩みをぶっ壊す 発毛法

頭皮 薄毛 抜け毛の悩みをぶっ壊す 発毛方法

薄毛でお悩みの方を救済する「頭皮 薄毛 抜け毛の悩みをぶっ壊す 発毛方法」約30年間薄毛と共に生きてきましたが、ある情報がきっかけで結構改善されました。正直もう完全に諦めていたのに、61歳にしてまさか生えて来るとは本当に想定外。おかげさまで副作用も全く無くどこまで復活するか、これからが楽しみです。

薄毛治療スタート3ヶ月後の画像

皆さん、こんばんは。

 薄毛放置歴30年の超ベテラン、

7月7日七夕生まれの

ミスターヒコボシです。

 

今日は、いきなりですが、薄毛治療スタート前の私の

「頭頂部 超ハゲシイ(笑)カッパ頭画像」と

「薄毛治療スタート3ヶ月後画像」を大公開したいと思います!

 

61歳になったと言え、まだまだお年頃(笑)ですので

結構恥ずかしいです。

 

自分で言うのも何ですが、かなりヒドイ状態で

おそらく皆さんビックリされると思います。

 

本当に恥を忍んで公開しますので、心してご覧になってください。

 

言い訳、能書きはいいから早くしろ!

 

といった声も聞こえてきそうですので、とっくに下にスクロールされている方も

おられるでしょうが、行きます!

 

それでは、ハリキッテどうぞ!

 

 

 

 

 

f:id:m-hikoboshi:20191006175618j:plainf:id:m-hikoboshi:20191006175850j:plain

2019年4月14日 撮影  ©hikoboshi    2019年7月20日 撮影     ©hikoboshi

 

 

いかがでしょうか? 結構ひどいでしょ!

これが30年間、コツコツと積み上げてきた成果(笑)です。

 

薄毛治療を開始したのは2019年4月23日です。

写真を見比べますと、ぱっと見、あまり変わっていない様にも

見えますが、結構生えてるんですよね。

 

薄毛治療前の頭頂部は、テカリ具合でもわかると思いますが

ほとんど無毛状態の荒れ果てた荒野の様な状態に見えます。

 

残っている髪の毛が抜け落ちるのも時間の問題かと

思われるぐらいの状態でした。

 

まさにほぼ、土瓶、茶瓶 、ハゲ茶瓶状態(^ω^)・・・。

 

ただ皆さんご存知かどうかわかりませんが

人間の髪の毛の毛根の数は、生まれつき決まっていて、

ヤケド等の外的なダメージを受けない限り、死ぬまで

変わらないそうです。

 

世間一般には、よく「毛根が死んでいるので、もう二度と髪の毛は生えてこない」

といった事が言われたりしていますが、はっきり言って正しくない情報です。

 

アサイクルに異常が発生して、目に見えなくなるくらい髪の毛が

短くなっているだけで、決して毛根までが死んでいるわけではありません。

 

かなり古くて済みませんが、武田鉄矢さんが101回目のプロポーズの

ドラマで言っていた通りなのです。

 

「僕は死にましぇん!」(笑)。

 

 

今でこそ私も偉そうに言っていますが、薄毛治療前の30年間は

毛根は死滅してしまったら、二度と髪の毛は生えてこない!

と信じて疑っていませんでした。

 

言い訳にしかなりませんが、ここ20年間程、完全に諦めて

ほったらかし状態にしてしまった大きな要因でもあります。

 

随分と話が飛んでしまいましたが、公開させて頂いた画像の話に戻します。

 

ちょっとわかりづらいでしょうが、

薄毛治療スタート3ヶ月後の7月の頭頂部は

まだまだひどい状態ですが、なんといいますが

しっかりと耕された畑のような頭皮になっており

一言でいえば、時間はかかるかもしれませんが

しっかりと生えていきまっせ!状態になっています。

 

実際この頃「かっぱの皿」部分を

指先でさすってみると、薄毛治療前はツルツルで

全くの無毛状態の様な感じだったのが、

少しザラザラした感じの、新芽が芽生えだしたかの様な感触を

しっかりと感じることが出来ました。

 

赤ちゃんの「産毛」の様なものでしょうね。

 

しっかりとした髪の毛に成長していくのかどうか

正直現時点でもまだわかりませんが、また経過を

御報告させて頂きたいと思います。

 

治療方法については次回お伝えしますが

お急ぎの方は、昨日ご紹介した

毛髪診断士の「越野晋」さんと言う方が

薄毛治療方法等、非常にわかりやすく

YouTubeで公開されていますので

見て頂ければと思います。

 

シンプルメンズケア」で検索して頂ければ

ご覧になれます。

 

 では、今日のところはこの辺で。

 

また次回、元気でお会いしましょう。

 

★育毛サロンに行く前に読む本★