頭皮 薄毛 抜け毛の悩みをぶっ壊す 発毛法

薄毛治療の放置歴30年の親父が見つけた薄毛治療の方法とは?

約30年間薄毛と共に過ごしてきましたが、ある情報がきっかけで、薄毛治療を開始し、改善されつつあります。まさか61歳にしてこんなに改善されるなんて想像もしていませんでしたので、本当にビックリしました。おかげさまで副作用も全くないので、一体どこまで改善されるのか、楽しみしかありません。

薄毛治療の薬以外の薄毛治療の方法についてPART2

皆さん、こんばんは。

薄毛治療の放置歴30年の超ベテラン、

7月7日七夕生まれの、

ミスターヒコボシです。

 

本日は、前回のテーマ「薄毛治療の薬以外の薄毛治療の方法について」の

続編をお伝えしたいと思います。

 

薄毛治療の薬以外の薄毛治療の方法についてPART2

 

今回の内容は、美と健康にも良いと思われる内容です。

誤解を生まない様に、再度申し上げておきますと、

薄毛治療の方法としては、改善の可能性は、限りなくゼロに近く、

「多少なりとも育毛面で期待できるかな?」

といったレベルの対策内容であるという事を、

事前にご了承ください。

 

薄毛治療の補足的観点

 

という事で、本日ご紹介する内容は、

遺伝的要素が強い

AGA「男性型脱毛症」を発症されている以外の方で、

あくまで「薄毛治療の補足的観点」で参考にして頂けると、

有益な情報になるかと思います。

 

 

有酸素運動

 

シャンプーを選択する事の有効性について、前回お伝えしましたが、

今日の薄毛対策のメインは、有酸素運動を出来る範囲で、

頻繁に行なうという事です。

 

一見すると、薄毛治療とは無関係の様に思われる有酸素運動が、

何故、薄毛治療に有効なのかについて少し触れておきたいと思います。

 

運動不足による弊害

 

有酸素運動が薄毛治療に有効だという事は、逆に言えば、

運動不足が、薄毛原因を引き出す可能性があるとも言えます。

 

まず、運動不足は筋力の低下を招きます。

筋力が低下することによって、筋肉が凝り固まり、

血行が悪くなってしまいます。

 

食事によって得られるエネルギーは、

血液に乗って全身に運ばれるわけですが、

血行不良により、全身にくまなく栄養を運ぶという事が、

非常に難しくなります。

 

ポンプの役割をしている心臓から、

遠く離れた所にある頭皮にとって、

最悪の状態になるという事です。

 

エア縄跳び

 

運動不足解消のための有酸素運動の一番のオススメは、

「縄跳び」です。

 

やり方次第では、比較的消費カロリーが高い、

有酸素運動です。

 

もし騒音、振動等で御近所に対して問題ない場所が確保出来るのでしたら、

家の中でも行なえる「エア縄跳び」が手軽でいいと思います。

 

途中で足を引っかけてしまうといったストレス(笑)もなく、

その日の体調に合わせて、跳ぶ高さや回数を調節しやすく、

習慣化しやすいことも、オススメするポイントです。

 

ハーフスクワット

 

女優の森光子さんは、92歳で亡くなられましたが、

90歳近くまで、健康のために毎日実行されていたのが、

ハーフスクワットでした。

 

大リーガーのトレーニングやボディケアを担当している、

「メジャー・トレーナーズ」から伝授されたのがきっかけで、

長く舞台を続けるために、基本的に毎朝75回、夜75回の

計150回の「ハーフスクワット」を習慣として行なっていたので、

いつも周りの若いスタッフよりも元気で、食欲も旺盛だったそうです。

 

ハーフスクワットとは?

 

「ハーフスクワット」とは、

足を肩幅ぐらいに開いた状態で、腰を完全に下まで降ろさず、

中腰の位置までしゃがむスクワットになります。

 

しゃがむ速さや、深さで運動強度が調節できるので、

こちらも継続して習慣化しやすい運動だと思います。

 

 

フラフープ

 

突然ですが、フラフープです。

歳がバレますね!公表しとるゾ(笑)

だっこちゃんがいれば最強!←調子に乗っちゃって~

 

いきなり大変失礼しました!

キャラを元に戻します(笑)。

 

当然ですが、フラフープを使っての有酸素運動となれば、

フラフープを購入しなければいけませんし、

それなりのスペースが必要となります。

 

ただ、意外と負荷が軽く、楽しい気分で、

長時間できるところがオススメです。

 

ベタな方法

 

ご案内させて頂いた3種類の有酸素運動以外にも、

手軽に出来る運動不足解消法としましては、

エスカレーターを極力使わずに、階段を歩いてあがったり、

目的地の一つ前の駅で降りて歩くといったベタな方法も、

それなりに負荷を考えてやれば、有効な有酸素運動ですし、

運動不足解消に一役買ってくれると思います。

 

能書きを垂れました(笑)

 

以上、もっともらしく、薄毛治療に有効な「有酸素運動」を

ご紹介しましたが、

正直申し上げて、

私自身が実行しているのは、

休みの日に軽く行なっている「エア縄跳び」ぐらいで、

他は全く行なっておりません。悪しからず(笑)。

 

ジインドリルメタン

ジインドリルメタンが多く含まれている野菜を食べると、

薄毛治療に有効だと言われています。

 

ジインドリルメタンとは、

ブロッコリー芽キャベツ、ケール、キャベツ等の、

アブラナ科の野菜に、含まれている化合物です。

 

野菜の中ではタンパク質が多く、男性ホルモンの

テストステロンが含まれるので、

薄毛原因となる「ジヒドロテストステロン」の生成を

抑える働きがあると考えられています。

 

抗がん作用

 

ジインドリルメタンは薄毛対策のみならず、

乳がん前立腺がんを始め、その他沢山の「がん細胞」の増殖を抑え、

細胞死を誘導する効果も報告されている、結構優秀な化合物なのです。

 

終わりに

 

以上、非常に簡単ですが、

「薄毛治療の薬以外の薄毛治療の方法ついて」のPART2でした。

 

最初に申し上げました通り、今回ご紹介させて頂いた内容は、

薄毛治療の予防的要素の強い内容となっております。

あくまで補助的な薄毛治療という認識で、宜しくお願いします。

 

本気でAGA「男性型脱毛症」の薄毛治療をお考えでしたら、

やはり、私が実際に行なっている薄毛治療の薬による

薄毛治療を参考にしていただければと思います。

(薄毛治療に個人輸入を利用するか否かの最終的な判断はご自身でお願いします)

 

 

では、今日の所はこの辺で。

 

また次回、元気にお会いしましょう。

 

 

★薄毛治療を自宅で簡単にする方法の記事★

https://www.m-hikoboshi.com/entry/usuge-tiryou-jitaku

 

★育毛サロン暴露本★