頭皮 薄毛 抜け毛の悩みをぶっ壊す 発毛法

頭皮 薄毛 抜け毛の悩みをぶっ壊す 発毛方法

薄毛でお悩みの方を救済する「頭皮 薄毛 抜け毛の悩みをぶっ壊す 発毛方法」約30年間薄毛と共に生きてきましたが、ある情報がきっかけで結構改善されました。正直もう完全に諦めていたのに、61歳にしてまさか生えて来るとは本当に想定外。おかげさまで副作用も全く無くどこまで復活するか、これからが楽しみです。

プロ野球列伝 若松勉さん

皆さん、こんばんは。

薄毛治療放置歴30年の超ベテラン、

7月7日七夕生まれの、

ミスターヒコボシです。

 

本日は「打撃の神様」と言われた、あの川上哲治さんと並び、

年間打率3割を12回も達成した「小さな大打者」の異名を持つ、

ミスタースワローズ若松勉さんの登場です!

 

プロフィール

 

北海高等学校⇒電電北海道(現・NTT北海道)出身

右投 左打 外野手

生年月日 1947年4月17日

身長 168cm

体重 76kg

血液型 B型

 

経歴

 

★北海道留萌市立東光小学校

幼少の頃からスキーを楽しみ、野球は小学校から始めた。

 

★北海道留萌市立留萌中学校

野球をやる傍ら、小柄なハンデがあまり影響しないスキーにも没頭し、

ノルディックスキーで全国大会にも出場した。

 

北海高等学校

※正直、野球部かスキー部どちらに入部するか悩んだが、

猛練習をしている野球部に魅力を感じ、入部を決断した。

 

※1964年夏に、2年生でセカンドのレギュラーを奪い、

チームも甲子園に出場したが、病気を発症して無念の欠場となった。

 

※1965年夏も、チームは2年連続甲子園出場を果たす。

※3番ライトで出場し、1回戦で試合には敗れたが、

4盗塁を決め、俊足ぶりが話題となった。

 

★電電北海道(現・NTT北海道)に入社

※当時北海道には、大昭和製紙北海道や北海道拓殖銀行等、

強豪がひしめき合っていたので、チームは都市対抗野球大会には

出場できなかった。

 

※1967年から補強選手として、4年連続して都市対抗野球大会

出場し、中心打者として活躍した。

 

★1970年

ヤクルトアトムズ(現・ヤクルトスワローズ)に、

ドラフト3位で入団する。

 

※当時のドラフト会議は、テレビ放映もなく、電話連絡だったが、電話して来た球団の

スカウトの声が、所属チームの監督の声と、そっくりだった為「監督、何を冗談言ってるのですか?」と言って対応してしまったというエピソードが残っている。

(5年間社会人チームに在籍して、全く声がかからなかった為、絶対指名等ないと思い込んでいた)

 

※ヘッドコーチの中西太さんに素質を見込まれ、キャンプ前の早い段階から、マンツーマンで猛練習を重ねた。

 

★1971年

※努力のかいあって、1年目からレフトのレギュラーを掴み、規定打席不足ではあったが、

112試合に出場し、打率303をマークする活躍を見せた。

 

※オフには早くも背番号が57番から1番に

変更された。

 

★1972年

※入団2年目にして、打率329で首位打者を獲得した。

 

※リーグ2位となる盗塁も20個記録し、早くもセリーグを代表する外野手の仲間入りを果たした。

 

★1973年

首位打者は逃したものの、セリーグ2位の打率313で、2年連続3割を達成した。

 

★1974年

当時の試合数130全試合に出場し、セリーグ5位となる打率312で、3年連続3割の快挙を成し遂げた。

 

★1976年

張本勲さんや、谷沢健一さんと、激しい首位打者争いを展開したが、打率344の高打率ながら、終盤の失速が響き、リーグ3位に終わる。

 

ちなみにこの年、張本勲さんの打率は、

(355477)、谷沢建一さんの打率は、

(355483)と、その差00006(6糸)という

プロ野球史上稀に見る高レベルで、僅差の争いだった。

 

※この年、首位打者を逃した悔しさから、

今迄以上に、限界まで猛練習を重ねた。

 

★1977年

※センターにコンバートされ、打率358という、驚異的な記録で2度目の首位打者に輝いた。

 

※公称168㎝(自称166㎝)の小さな体で、ホームランも20本放ち、三振数も503打席で、わずか14と、堅実なバッティングで、チーム2位躍進の原動力となった。

 

★1978年

若松勉さん、大杉勝男さん、チャーリー

マニエルさんの強力クリーンナップトリオ

で、ヤクルトがチーム初の日本一に輝いた。

 

※広島カープ水谷実雄さんとの首位打者争いに敗れるも、セリーグ2位の打率341の好成績を残して、日本一に多いに貢献した。

 

★1985年

※史上21人目の通算2000本安打を達成し、

日本プロ野球名球会会員となった。

 

★1986年

※打撃コーチ補佐兼任選手となる。

 

★現在、北海道日本ハムファイターズ監督の栗山英樹さんのスイッチヒッター転向を進言し、熱心な打撃指導が功を奏し、規定打席不足ながら、打率301を記録し、ライトのレギュラーを獲得した。

 

★1989年

ヤクルト一筋19年の、42歳の時に

現役引退をした。

 

通算打率319は歴代2位で、日本人選手の中では、歴代最高記録であった。

(4000打数以上対象の最高記録は、

レロンリーの320)

 

人格者

 

 

想像を絶する様な猛練習で、自分をトコトン追い込み、厳しいプロ野球の世界を生き抜き、超一流選手にまで駆け上った若松勉さんは「自分に厳しく、他人に優しい」典型的な人格者だと思います。

 

一軍監督時代には、あまりにも選手に気を使い過ぎる言動に対し、周りのコーチは「もっと毅然とした態度で、厳しく接して下さい。」と進言した程でした。

 

 決して選手を甘やかしていた訳ではなく、

純朴ゆえに口下手だったこともあり、誤解される事も多かった様です。

 

チームを強くする為には、トレードはつきものですが、若松さんは、ほとんどタッチしませんでした。

 

監督退任後「私は、誰もチームから出したくなかった」と語りました。

 

チームを強くするだけが監督の仕事と考えれば、決して評価される発言ではないかも知れませんが、人間的に私は大好きです。

 

出身地の北海道では、道民栄誉賞を受賞する程、絶大な人気を誇っています。

 

日本ハムファイターズで監督をされる日が

来ると良いですね。

 

では、今日のところはこの辺で。

 

また次回、元気でお会いしましょう。