頭皮 薄毛 抜け毛の悩みをぶっ壊す 発毛法

頭皮 薄毛 抜け毛の悩みをぶっ壊す 発毛方法

薄毛でお悩みの方を救済する「頭皮 薄毛 抜け毛の悩みをぶっ壊す 発毛方法」約30年間薄毛と共に生きてきましたが、ある情報がきっかけで結構改善されました。正直もう完全に諦めていたのに、61歳にしてまさか生えて来るとは本当に想定外。おかげさまで副作用も全く無くどこまで復活するか、これからが楽しみです。

タレント列伝 役所広司さん

皆さん、こんばんは。

薄毛放置歴30年の超ベテラン、

7月7日七夕生まれの、

ミスターヒコボシです。

 

本日は、芸名にも反映されている通り、

役所勤めの公務員から俳優へと、異色の転身をして

大成功をおさめた、役所広司さんの登場です!

 

プロフィール

 

長崎県立大村工業高等学校出身

生年月日 1956年1月1日

(戸籍上は1月1日ですが、本当の誕生日は12月27日)

身長 179cm

体重 75kg

血液型 AB型

 

経歴

 

★小学校時代

※実家はジュースの製造販売業であったが、経済的に裕福ではなく、

食べるのがやっとという生活であった。

 

※通知表には「熱しやすく冷めやすい性格」と記される。

※自転車で路地を散策すると、迷子になってしまう程、方向音痴だった。

 

※6年生の時、自作の詩「ばつの草とり」が、

朝日新聞の長崎版に掲載された。

 

長崎県諫早市諫早中学校

※高身長を生かしてバスケットボール部に所属し、活躍した。

※音楽にも興味が出て、フォークギターを弾き始める。

 

長崎県立大村工業高等学校

※全国的に強豪として名の通ったバレーボール部に所属した。

※引き続き音楽も好きで、バンドに加わり、文化祭で演奏を披露した。

 

★東京千代田区役所

※高校を卒業後、4年間千代田区区役所土木部道路課に勤務した。

※主に道路工事の現場監督や図面設計を、千代田区管区内で行なっていた。

※お酒が大好きで、飲みだすと一文無しになるまで飲んでいた。

※深酒が原因で、無断欠勤や遅刻を繰り返し、

懲戒免職直前状態までいった。

 

仲代達矢さん主演の舞台公演『どん底』のチケットを、

区役所の同僚からもらって観に行き、いたく感動して

俳優への道を志す決意を固めた。

 

※その時にチケットをくれた同僚だった女性は、

今でも舞台があれば、見に来てくれている。

 

※俳優養成所「無名塾」のオーディションで、200倍という

競争率を突破して合格を手にした。

 

※無事合格したものの、入塾式に2時間も遅刻し、

仲代達矢さんに、さんざん怒られた。

 

ひょっとして、大物?(笑)。

 

★1980年

NHK連続テレビ小説なっちゃんの写真館」で、

テレビデビューを果たした。

 

★1983年

織田信長役で、NHK大河ドラマ徳川家康」に出演した。

 

★1984年

NHK新大型時代劇「宮本武蔵」で主人公の宮本武蔵役で出演した。

 

★1985年

伊丹十三監督作品の『タンポポ』に、ギャング風の

全身白色コーディネートの白服男として出演した。

 

★1987年

高橋秀樹さん、春風亭小朝さんと共に出演した

三匹が斬る』がシリーズとしてスタートし、

1995年までに7作が、2002年にはリニューアル版が放送された。

 

★1988年

日本とスイスの合作映画「アナザー・ウェイ・D機関情報」で、

主人公の関谷海軍中佐の役で、映画初主演を果たした。

 

★1990年

オーロラの下で』で、日本アカデミー賞優秀主演男優賞を獲得した。

 

★1995年

KAMIKAZE TAXI』で毎日映画コンクール主演男優賞を受賞した。

 

★1996年

※『Shall weダンス?』で草刈民代さんと主演し、配給収入16億円で、

この年の日本映画第2位を記録した。

 

※余談ですが、今は亡き義父が、この頃に「社交ダンス」を始め、

背筋が伸びて、急に姿勢が良くなったのを思い出しました(笑)。

 

※『シャブ極道』で、弱小暴力団厳竜組の若頭役を好演した。

 

地方自治体初【群馬県】の制作映画『眠る男』に出演し、

群馬弁を巧みに操った。

 

★1997年

失楽園』が大ヒットし、タイトルが流行語にも なった。

 

★2006年

ブラット・ピットと共演した『バベル』が、

カンヌ国際映画祭で監督賞に輝く。

 

★2007年

中谷美紀さん、キーラ・ナイトレイさんと共演した日米伊合作映画

『シルク』での高い演技力が評価され、数々の賞を受賞した。

 

※シカゴ国際映画祭主演男優賞

※バレンシエンヌ国際映画祭オマージュ賞

※アジア太平洋映画祭主演男優賞

ゴッサム賞アンサンブル演技賞

東京国際映画祭主演男優賞

※パームスプリング国際映画祭アンサンブル演技賞

※サンディエゴ映画批評家協会アンサンブル演技賞

アメリカ俳優組合賞ノミネート

 

まろやか優男(やさおとこ)

 

最近といっても2017年ですから、気が付けば、

もう2年も立っているのですが、池井戸潤原作「陸王」の

「こはぜ屋」4代目社長役は、まさにハマり役でした。

 

陸王を世界一のシューズにする」という野望を持って、

社長自らが先頭を切って、人情味あふれる営業活動をする姿を熱演し、

 視聴者に、希望と感動を与えてくれました。

 

役所広司さんは若かりし日、俳優養成所「無名塾」の

オーディションを受ける際、履歴書にこんなことを書いています。

 

「顔は長くてごっついが、こころはまろやか優男。

人の難儀を見たならば、一文なしでも助けに行く。それが僕です。」

 

役者を離れた人間「役所広司」も正義感あふれる、

熱い男の様です。

 

今後も熱い演技で私たちに感動を与え続けてくれることを

期待したいと思います。

 

では、今日の所はこの辺で。

 

また次回、元気でお会いしましょう。