頭皮 薄毛 抜け毛の悩みをぶっ壊す 発毛法

頭皮 薄毛 抜け毛の悩みをぶっ壊す 発毛方法

薄毛でお悩みの方を救済する「頭皮 薄毛 抜け毛の悩みをぶっ壊す 発毛方法」約30年間薄毛と共に生きてきましたが、ある情報がきっかけで結構改善されました。正直もう完全に諦めていたのに、61歳にしてまさか生えて来るとは本当に想定外。おかげさまで副作用も全く無くどこまで復活するか、これからが楽しみです。

プロ野球列伝 米田哲也さん

皆さん、こんばんは。

薄毛治療放置歴30年の超ベテラン、

7月7日七夕生まれの、

ミスターヒコボシです。

 

本日は、プロ野球の阪急ブレーブス投手の現役時代に、驚異的なスタミナの持ち主として世間から認知され「人間機関車」「ガソリンタンク」「タフマン」等と呼ばれていた、米田哲也さんの登場です!

 

プロフィール

 

 

鳥取県立境高等学校出身

右投 右打 投手

生年月日 1938年3月3日 

身長 180㎝

体重 87kg

血液型 AB型

 

経歴

 

 

★小学校時代

日本海に面した鳥取県で、新鮮な魚が豊富に獲れる事もあり、魚が大好きで毎日魚を食べていた。

 

※運動が好きな活発な子供で、小学校の低学年の頃から、弓ヶ浜まで往復10キロぐらい、毎日平気で走っていたので、自然と足腰が鍛えれた。

 

鳥取県米子市立美保中学校

※野球部に所属し、ポジションは捕手だった。

 

※野球部長から「お前の顔では、投手が怖がるので、逆に投手になって相手打者を怖がらせるんだ。」という奇妙なアドバイスを受けて、投手に転向し、1年生の秋から本格派の投手として、注目される様になった。

 

※2年生の夏の甲子園鳥取県予選で、決勝まで勝ち進み、後にプロ入りする好投手、義原武敏投手と延長10回迄、投げ合うも敗れてしまった。

 

※秋季大会も、中国地方大会まで勝ち進んだが、準決勝で山口の防府高等学校に敗れた。

 

※3年生の夏の甲子園鳥取県予選もベスト4までコマを進めるが、米子南高等学校に敗れ、甲子園出場の夢は潰えた。

 

★1956年

※高校卒業後、阪神タイガースと阪急ブレーブスの2球団から誘われ、阪神の方が、金銭面の条件は良かったが、「エースナンバーの背番号18がもらえる」という事に魅力を感じ、阪急ブレーブスへの入団を決意した。

 

もしもこの時、米田さんが阪神タイガースに入っていたら・・・。

 

※阪急ブレーブス入団1年目から、9勝を挙げるも15敗し、

プロの洗礼を受ける形となった。

 

★1957年

21勝16敗 防御率1.86の好成績を収め、

2年目にして、右のエースとして、当時の左腕エース、梶本隆夫さんと共に「ヨネカジコンビ」と呼ばれた。

 

★1961年

オフに巨人の王貞治さんとのトレード話が持ち上がるが、

阪急ブレーブス側が拒否して不成立となった。

 

もしトレードが成立していたら・・・。

 

間違いなくプロ野球の歴史は変わっていたでしょうね。

通算本塁打世界記録、V9、田淵さんの本塁打王の回数・・・。

 

「う~ん、どうなんでしょうね~」 長嶋茂雄さん風に (笑)。

 

 

★1966年

※25勝で最多勝のタイトルを獲得した。

※プロ通算200勝を達成する。

 

★1967年

18勝を挙げて、球団の初優勝に貢献した。

 

★1968年

29勝13敗と自己最高の勝利数、29勝を挙げMVPに輝いた。

 

★1971年

プロ通算300勝を達成した。

 

歴代2位

★プロ通算登板数949試合は、2017年岩瀬仁紀さんに

抜かれるまでは、40年間記録を保持していましたが、

現在、歴代2位の記録。 

 

★プロ通算勝利350勝も大変な記録ですが、金田正一さんの

通算400勝に次ぐ、歴代2位の記録。

 

「2位じゃダメなんでしょうか?」(笑)。

 

「米田ディナー」

★この時代の人にしてはと言っては、失礼かもしれませんが、

「ガソリンタンク」「人間機関車」といった豪快なイメージの

異名をつけられた裏側で、しっかりと体調管理やスタミナ確保に

努める方でした。

 

★登板した試合の日の夜は、水分補給のみで、何も食べずに就寝し、

翌日の朝食から徐々に食事の量を増やして、ゆっくりと時間をかけて

食べる夕食は「米田ディナー」と名付けられていた。

 

★現役時代の22年間、ほとんど肩や肘など大きな故障をしなかったのも、

こういった、自己管理能力の高さだったと思われます。

 

1985年、我らが阪神タイガースは、21年ぶりのリーグ優勝と

初の日本一に輝きました!

 

その時の一軍投手コーチは、何を隠そう(隠す必要ないか・・・笑。)

米田哲也さんだったのです!

 

吉田監督に中西清起さんを、救援役に強く推薦したのは、

他でもない米田さんで、その貢献度は、かなり高かったと思います。

 

御年、81歳になられたということで、最近テレビ等で拝見することも

あまりなくなった様に思われますが、いつまでもお元気でいていただきたいですね。

 

では、今日のところはこの辺で。

 

また次回、元気でお会いしましょう。