頭皮 薄毛 抜け毛の悩みをぶっ壊す 発毛法

薄毛放置歴30年のオヤジが発毛した薄毛治療法

約30年間薄毛と共に過ごしてきましたが、ある情報がきっかけで、薄毛治療を開始し、改善されつつあります。まさか61歳にしてこんなに改善されるなんて想像もしていませんでしたので、本当にビックリしました。おかげさまで副作用も全くないので、一体どこまで改善されるのか、楽しみしかありません。

吉田羊さんは高校時代、男性アイドルだった?

皆さん、こんばんは。

薄毛治療の放置歴30年の超ベテラン、

7月7日七夕生まれの、

ミスターヒコボシです。

 

本日は、年齢が非公表となっている上に、女性ですので、

触れてはいけない部分かも知れませんが、40歳を過ぎてから、

一気にブレイクした、大器晩成型の女優の代表格的存在の

吉田羊さんの登場です!

 

プロフィール

 

桜美林大学出身

生年月日 1974年2月3日

身長 163cm

血液型 O型

 

経歴

 

★幼少期

※5人家族の末っ子で、久留米荒木キリスト教会の牧師さんの父親と、

幼稚園の先生の母親の7人家族だった。

 

 ※両親は共に気さくな人で、人付き合いが好きだったので、

実家には来客が多く、吉田さんはお客さんの前で、歌を歌ったり、

松田聖子さんのモノマネを披露してほめられるのが、大好きな少女だった。

 

★めぐみのその幼稚園

※父親の事が大好きで、母親に嫉妬されるぐらい仲が良く、

いつも2人で「ままごと」をして遊んでいた。

 

※ままごとの母親役の吉田さんは「夕食にしますか?お風呂にしますか?」と

お世話するのが大好きで、見た事もない様な、

これ以上ない笑顔のご主人を見て、

リアルに奥さんは面白くなかった様だ。

 

★福岡県久留米市立西国分小学校

※この頃は、内弁慶な、いじめられっ子の根暗な性格で、

誰にも話しかけられず、友達を作るのが苦手だった。

 

※「ラスカル」というお気に入りのぬいぐるみに、話しかけるのが好きで、

学校にも持って行って、休み時間に話しかけていた。

 

★福岡県久留米市立諏訪中学校

※小学校の頃からやり始めていた「一人芝居」を中学一年生の頃まで、

トイレにこもって演じていた。

 

※自分ではない、何かになりたくて、一人の男の子を取り合う

二人の女の子を、一人三役で演じたりするのが好きだった。

 

★福岡県私立久留米信愛女学院高等学校

(2019年から久留米信愛学院高等学校)

※8歳年上の歌手、松田聖子さんの母校でもある。

 

※高校3年の体育祭で応援団長を務め、学ランを着た吉田さんに、

後輩たちが憧れ、ファンクラブまで出来た。

 

※学校内で「吉田先輩!」と呼び止められるのは、しょっちゅうで、

振り返ると「キャー!!」と歓声が上がり、男性アイドル並みの存在だった。

 

※その後も人気は過熱するばかりで、吉田さんの教室に入って

椅子に座ってみたり、通学に使っていた自転車のサドルに

頬ずりする後輩まで出てきて、かなりの注目を浴びた事で、

後に女優を目指すきっかけになった。

 

桜美林大学

※高校卒業後、金沢の大学にいた姉を頼って金沢で生活し、

茶店でアルバイトをしていた時期があった。

 

※その後上京し大学入学後は、よく舞台を観に行っていた。

 

※大学3年の就職活動で、どうしても会社勤めしている自分が想像できず、

幼い頃からの夢だった、女優への挑戦を決意する。

 

※当時の情報誌「ぴあ」に掲載されていた女優を募集する三行広告に応募して、

小劇場の舞台役者劇団員として、大学生の頃に女優デビューを果たした。

 

※大学卒業後、フリーの女優として、主に劇団の舞台を中心に活動した。

 

※劇団員として活動する傍ら、引っ越し屋や、葬儀屋(受付)、

バンケットコンパニオンのアルバイトをして生計を立てていた。

 

※1997年~2007年までの約10年間にわたり、

小劇場を中心に活動を続けた。

 

※33歳の時、芸能事務所にスカウトされ、所属して以降は

テレビドラマや映画の仕事が中心になっていった。

 

チャンス到来!!

 

★2007年

東海テレビ・フジテレビ系列の昼ドラ「愛の迷宮」に沢木祐子役で、

テレビドラマ初出演を果たす。

 

★2009年

滝沢直樹さんによる漫画『20世紀少年』を原作として制作された、

唐沢寿明さん主演の映画「20世紀少年<第2章>」で、映画初出演を果たした。

 

★2012年

沖縄県宮古島大阪市大正区が舞台となり、ナレーターとヒロインを

夏菜さんが務めた、NHK連続テレビ小説純と愛」で桐野富士子役を熱演し、

注目を集める。

 

★2014年

木村拓哉さん主演のテレビドラマ「HERO」第2期に、

女性検事、馬場礼子役で出演し、一気にブレイクした。

 

★2016年

有村架純さん主演の映画「ビリギャル」での演技力が、高く評価され、

この年の、第39回日本アカデミー賞優秀助演女優賞と、

第40回エランドール賞新人賞を受賞した。

 

安心感

 

大塚製薬の『ポカリスウェット』のコマーシャルで、

鈴木梨央さんとの親子役の姿が「姉妹にも見える仲良し親子」

見たいな雰囲気が、自然と前面に出ていて「ほっこり」して

いいですね。

 

演技力の高さは勿論ですが、女性の強さだけを演じるのではなく、

視聴者に奥底の優しさと、安心感を与えてくれる、癒し系の

女優さんだと思います。

 

今後も幅広く、色んな役柄にチャレンジしていって欲しいですね。

 

では、今日の所はこの辺で。

 

また次回、元気でお会いしましょう。

 

www.m-hikoboshi.com